はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

授業内復習

生徒のノートを点検していて気づいたことを自分ための備忘録として書いておきます。予想通り、板書したことをただ忠実に写しているだけでした。これでは短期記憶の材にしかならない。 もちろん中には私が話した冗談までメモしてくれた生徒もいました。それは…

勉強にも体力がいる

頭はいいが体力がないという話はよく聞きます。机に向かって何かをすることには体力は不要で、スポーツには体力がいる。頭でっかち、筋肉ばか、などの言い方もよく言われています。これはどうも違うようです。 確かに頭脳派、体育会系といった分類はよくなさ…

寒波

今朝は既に出勤の途中です。かなり冷え込んでいて予報では最高気温が10度に達しないとのこと。手袋をしていても寒さが浸透してくる感じです。もう師走も半ばが終わります。やるべきことをやらなければと感じます。寒さはそれを瞬時忘れさせる効果はあります。

入試の方針

すでに一部の学校では来年度の入学者の選抜試験が始まっています。筆記試験に止まらない多様な選抜方法を目指している流れがあります。すると、年が明けてからでは間に合わないのです。 昨今、一部の大学で女子や多浪生に対して不利な選抜をしたことが報じら…

ここで閉まります

ラッシュアワーの駅員さんの苦労は察するに余りあります。人は混雑すると怒りっぽくなりますし、万一事故が発生したときは臨機応変の対応が必要です。マナーの悪い客にも注意はできず、痴漢の報告があれば警察代わりの行動もされるのでしょう。 そんな駅員さ…

手袋

昨日から手袋をはめて通勤しています。手袋をするとボタンがはめられなかったり、鞄のファスナーがつかめなかったりします。指先の感覚というのが大変繊細なものであると改めて感じます。多くの情報を指から感受していたという事実を改めて感じています。

情報端末

中国製品の通信機器や情報端末の公的機関からの排除がニュースになっています。かつてはあやしいメーカーであった中国の製品は現在では最新の技術を安価に提供するメーカーになっています。携帯電話などではファーウェイの製品は年々シェアを伸ばしています…

多様性を失う独占

道路を走る自動車のメーカーに注目してみると、シェアの差は歴然としているものの、数多くの製造元があることに気づきます。国産車に加え、外車もありますからかなりの種類になります。もしこれがほとんど同じメーカーの車になったらどうなるのでしょうか。 …

初コート

昨日から冷え込みが強くなりました。今日は初コート、マフラーで出勤しました。温かく感じます。電車の中ではくしゃみや咳がたくさんあります。次は初マスクの日になりそうです。

信用の問題

外国人労働者に関する法令が改正されました。これは人手不足解消のための産業界の要請によるものと言われています。ただ、気をつけなくてはならないのは低賃金労働者の存在を政府が公認してしまったことにあるのかもしれません。 日本の産業が海外との競争に…

文字が読めること

識字率が低い国の人々が毎日どんな生活をしているのかはかなり関心があります。字が読めないことの生活に及ぼす影響はどの程度なのか。知りたいもののが分からない、言いたいことが伝えられないという思いがどのようなものなのか。私は想像するしかありませ…

いつでも見られている

私たちは自分の行動をいつも監視されており、それが日々記録されているという事実に慣れてしまいました。 渋谷で起きたハロウィンでの暴動について群集の中から容疑者が特定されました。映像の解析だけで個人が特定できてしまうというのが現実なのです。犯人…

残り咲き

8月に買ったペチュニアの株が長持ちして、今朝も2輪の花を咲かせています。さすがに夏秋のような勢いはありませんが、それでもしっかりと咲いています。 これまであまり冷え込みがなかったせいでしょうか。もともと生命力の強い花なこともあるのでしょう。猛…

冬の前の乱高下

このところ季節外れの高温が続きましたが、明日あたりからいったん気温が下降し、明後日少し上がったあとは急に冷え込んでいくとの予報が出ています。低気圧の通過と寒気の南下が影響しているようです。体調の維持がいよいよ肝心になってきました。電車に乗…

高輪ゲートウェイ

山手線の新駅の名前が高輪ゲートウェイとなったと発表されました。おそらくオリンピック終了後は単に高輪駅と呼ばれることになると私は推測します。 駅名は公募で選ぶとJR東日本は発表していましたが、応募数ではかなり低い候補が採用されたそうです。玄関口…

作られる体験

VRが疑似体験をするのに貢献するという本を読んでいます。書籍や映像で情報に接するより、3D体験をした方が影響力が大きく、効果的な疑似体験ができるのだそうです。 道徳教育や鬱病対策などの場面では、VRが効果的な手段として機能することが期待されている…

3D酔い

何かの付録でもらったダンボール製の3Dゴーグルを使ってYouTubeの映像を見てみました。海底のダイバーの視点や、崖を登る人の視点など迫力がある映像です。 しかし、どうも思い通りの画面に切り替わらないせいなのか、遠くを見ているはずなのに実は常に同じ…

品質保証もできなければ

最近数々の不正が見つかっている日本の製造業の現状には憂慮せざるを得ません。 ものづくりは日本の基幹産業としてこの国の経済を支えてきました。価格ではすでに他国との競争に完全に敗北しているようですが、品質面においては信用性が高いのが我が国の製造…

牛久のイルミネーション

どこでも見られるようになったイルミネーションですが、町によって少しずつ特徴があります。 牛久駅前のイルミネーションは広い敷地に光が広がっています。写真を撮っていく人が多くいました。

師走始まる

今日から12月が始まります。平成最後の師走です。人生の季節も確実に進んでいることを実感する毎日です。特に冬はそれを深く実感します。 それぞれの季節にはそれぞれの美しさがあるように、せめて冬に向かう人生にもそれなりの美学を持っていたいなどと考え…

だまし絵

エッシャーのいわゆるだまし絵を見ると不思議な気持ちになります。ただ、それはやはり自分とは無関係の絵の世界であり、視線をずらせば親しんでいる現実世界があります。 ところがVRを見るとその世界に没入してしまうような錯覚が起きます。不気味なほどに繰…

銀杏黄葉

朝日に照らされた鮮やかな色彩が印象的な季節になりました。駅前から続く坂道を少し上った所にある公園の周りに銀杏黄葉が広がっています。その奥には楓や桜の紅葉も見頃を迎えています。 木枯らしが吹き出すまでは穏やかな暮秋の風景を楽しめそうです。

専門家

スペシャリストに対する評価は常に変動します。昨今は一芸のみに秀でる人をさほど歓迎しないようです。 視野が狭く、自らの専門領域以外には無関心という人は確かにいます。それが度が進むと没交渉の独善的な人物ということになります。しかし、どこにも得意…

起業精神の種を育てる

組織の中でうまく立ち回れる人を育てるのがこれまでの学校の目的でした。これからはそれだけではなく、組織を作る人材育成も考慮に入れる必要性があります。 先日、会社設立のための支援機関を見学し、若き社長たちの声を聞くことがありました。自分の能力や…

もの離れ

キログラムの単位に関する既定が変更されるそうです。最後の実物基準であった重さの単位ももの離れすることになります。 長さ、重さ、電流、物質量などの基本的な単位は、本来何らかの実物を基準として測られてきました。しかし、実物基準だとそのもの自体の…

デジタル世代の車内学習法

電車内でスマホを見ている高校生のことをゲームに興じる不まじめな生徒とみなすことにはどうやら間違っているようです。 たしかにほとんどの生徒諸君はスマホでゲームをしているようです。中には熱中するあまりドアの前を占拠して通行の妨げになっている場合…

実感すること

百聞は一見にしかず、やってみなければ分からないということがあります。私たちは情報検索の機能を手に入れたために、現地に赴くことなく何かを知ったつもりになることができるようになりました。でもそれはあくまで実体ではなく、幻影に過ぎません。 私たち…

便利さと引き換えに

私も電子マネーを利用することが増えました。銀行の利子を超えるようなポイントがつくことが魅力で始めたところ、スマートフォンやウェラブル端末で決済が可能なことに利便性を感じ、いまでは財布を出さずに買い物をすることにすっかり慣れてしまいました。 …

次なる目標

受験を終えた生徒には乗り越えなければならないものがあります。次の目標を設定させることです。 入学試験に合格することは大変な努力が必要です。それを果たした生徒にとって得られる達成感はとても大きい。しかし、その達成感が場合によっては無力感に直結…

垂直に伸びる雲

気温が低い朝はいろいろな雲の形を見つけることができます。天頂付近の雲はきめが細かく、見ていて飽きません。低い空にはもう少し粒が大きい雲が敷き詰められ、その隙間からは虹彩も見えました。 反対の方角は雲は少なく、筋のような雲があります。恐らく飛…