はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

日記・コラム・つぶやき

ストーリーとしての把握

丸暗記ができなくなる年齢がどうもあるようです。子どもの頃いやというほどやらされてきたとにかく覚えるという行動が最近はほとんどできません。 職場では半年に一度、パソコンやソフトのパスワードをかえることと決められています。英数取り混ぜて8文字以…

物質としての感情

脳科学の関係する本を読む機会が増えています。自身も家族もそうしたことに関心を持たざるを得ない環境にあるからでしょう。それらの本に共通するのは、感情という身体とは一見独立したものとみられがちなものが実はきわめて身体的な要素であるということで…

背筋痛

運動不足と寝相の悪さとが原因で昨日から背筋に痛みを感じています。特定の方向に捻ると痛みが発生するようで厄介です。体調の維持には今まで以上に留意しなくてはならない。そんな年齢になっているのです。

道徳の準備

来年度から道徳という授業が変わります。教科書もいままでの参考書扱いから教科書になりました。道徳が授業として行われるとなると様々な議論があります。ただ今回の場合、ほかの授業とは異なるのは専門の教員が行うのではなく、すべての教員が行うというこ…

自己分析

本当に分かっていないのは自分自身ではないかという内容の本をいくつか読んでいます。確かに自分が何者であるのかを把握することは難しい。自分が社会の中で果たしている役割と、その役割を終えた後の自分のあり方とがイメージの中でうまく分離できないので…

寒い朝

今朝は冷え込みが強く、氷点下になりました。いったんは緩んだ寒気が復活しているようです。週末にかけて寒い日が続くようです。マフラーは止めたのですがまだ片づけない方がよさそうです。

受け入れる伝統

火山活動がいつあるのか、地震が壊滅的被害をもたらすのはいつなのか。そういう不安をどこかに抱えて私たちは日々を過ごしています。それがこの国に住む人の気質を形成しています。 突然訪れるかもしれない危難の日を私たちは受け入れる心の伝統を持っている…

降っても積もらない

今日ももしかしたら雪が降るかもしれないとの予報が出ています。降っても積もらないようです。この時期、年によっては降雪で大学の試験に支障がおきます。今回はそんなことはないようでよかった。試験をこの時期にすることだけは賛成しかねるのが私の意見で…

手亡豆

和菓子の車内広告のなかに「手亡豆」なるものがあり、どう読むのかどんなものなのかが気になっていました。実はその広告にはいくつかの豆の種類が写真で並べられており、消去法でそれと知ることができていたのですが、それでも確証が持てずいました。 いろい…

積雪始まる

茨城県牛久市でも朝から降雪があります。地面や木々の枝には既に積雪も始まっています。 都心部にも5センチほどの積雪があるらしく、都会基準では大雪になります。

擬似的復活

思春期の若者がよくいう死にたいとか死ねとかいう言葉は、その刺激的な内容からしばしば問題になります。本当に死を選ぶことはめったにないのですが、全くないわけでもないのが厄介です。 死に関する関心は精神分析の分野ですでに説明がなされています。死へ…

日較差17度

今日の最高気温の予報は18度ということです。日較差17度という寒暖差の大きな日になるとか。一昨日も同じような現象がありました。三寒四温どころが日替わりの季節変動で、さらに一日の中にも冬と春があるという大変な陽気です。風邪は克服したばかりですが…

ごまかし

最近、有力企業による各種調査結果に不正が見られるというニュースが連続していましたが、今度は国による統計にも不備が見つかっています。統計をとると様々な業績が悪化しているのは明らかなので、それをごまかそうという意図が働くのでしょう。 日本の経済…

過去の自分

数年前に自分が書いたものを偶然発見して思ったことがあります。これを書いた覚えがない、全く忘れてしまっているということです。そういうことが時々あるのは自分の記憶力が怪しいことや、そういうことが起きる年齢になってきていることを意味するのかもし…

持ち味

人それぞれには得意不得意があり、それを等し並みに扱うことは間違いです。何でも完璧にこなす人というのはめったにおらず、多くはどこかに足りない部分があります。その逆もまた然り。 私たちは見た目や過去の出来事などから人との距離を決めてしまいがちで…

有明、明星

今日は少し早く出勤しています。東の空には月と金星が並んでいます。もう少し近ければどこかの国旗のようになるのにと考えてしまうような配置です。 今日から2月です。短いけれど大切な月です。

雪になるかも

今朝はやや重い曇天が広がっています。湿り気を感じる空気で、予報は午後から雨、気温が下がると雪になるかもしれないということです。 今日で1月も終わります。この時期にしては比較的温度の高い日が続いています。私は体調を崩す失態をおかしましたが、何…

処分

不要なものを処分していかなくてはならないとはいつも考えています。使わないものをため込んでも何の役にも立たない。捨ててしまえばいい。頭ではそう思うのです。 しかし、雑然としたものの中にいるとなぜかかえって落ちつくという不思議な効果もあるのは事…

アイドル定年制

ジャニーズの人気アイドルグループが活動停止を発表しました。昨年もその前も観客動員力のあるアイドルが引退や解散をしたことから、それらの間に何か関係があるのかもしれないと考えてみました。以下、単なる憶測で根拠はありません。 アイドルグループを売…

初雪

私にとっての初雪は昨日、茨城県神栖町で体験しました。急に降り出した雪は大粒で、見上げているうちに小さな雷鳴が鳴り響きました。雷とともに降雪があるのは富山にいるときによくありましたが、実に久しぶりの組み合わせです。 結局、しばらく降ったものの…

支払い

通貨を使わずに支払いをする電子決済サービスが急速に広がっています。日本では貨幣に対する信用が高く、現金支払いが基本でした。それが大きく変わろうとしています。 何とかペイというアプリにも様々あって、シェア獲得のためにクーポン等のばらまきも見ら…

ひきました

どうも昨日から喉の奥や鼻腔内に異常を感じていたのですが、やはり風邪を引いてしまったようです。今のところは発熱もないのでこのまま治まることを祈るのみです。バカの壁を越えられないといいのですが。

視野狭めるネットニュース

このブログは朝の通勤電車の中で書くことが大半です。せいぜい10分ほどで書かなくてはならないのです。ネタ集めのためにニュースサイトをさっと見ることもあります。いろいろな分野のものが一覧できるので便利です。 しかし、ネットニュースには様々な問題点…

乾燥続き

職場ではインフルエンザが大流行の兆しです。乾燥続きの日々が関係しているのでしょう。集中力が落ちやすいのも大きな問題です。予防接種を受けたことをお守りとしてやるべきことを粛々と。

利他的

日本の将来展望はほとんどが雲行きのあやしいものばかりです。経済面については特に顕著で、少子高齢化による社会福祉の弱体化が治安の悪化を生み、先進国としての対面を保つことが不可能になるというものです。歴史を見れば分かるように盛者必衰は避けられ…

大学で学ぶこと

センター試験が行われています。この形で行われるのは来年までということで、一部の人から旧弊のように扱われている試験ですが、いろいろな問題点を抱えつつも試験自体は意義のあるものだと思います。この試験の目的は大学入学者選抜です。大学生ならばこの…

高いけれどよいもの

価格の安さを追求するのは消費者心理として自然です。1円でも安い商品を手に入れるために遠くの店に出かける人がいるのは確かです。 ただ、ものによっては高くてもよいものを買った方が結局得になることもあります。耐久性や安全性の問題がそれです。 それだ…

挑戦と寛容

いまの生徒諸君にとって必要なのは失敗を恐れない気概であると痛感しています。無難に無駄なくというのが社会の風潮になっていますが、どうもそれだけでは新しいものは生まれない。とにかくやってみるという気持ちは大事です。 このことを実現するためには、…

明星

少し早く家を出ると明けの明星が東の空に一際明るく輝いていました。冬至を過ぎて夜の長さは少しずつ短くなっているはずなのですが、本格的に寒い季節はこれからです。

セルフレジ

先日、レンタルビデオ店に行って借りたいDVDを窓口に持っていくと、二人いた店員のうちの一人に次のように言われました。「当店は延長手続き以外はセルフレジで行っていただくことになっています」と。 当時は客数も少なく、レジには私一人でした。でも店員…