はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

日記・コラム・つぶやき

コンビニのイートイン

最近できたコンビニエンスストアは食事ができるスペースを持っているところが多くあります。買った食べ物をその場で食べるということもかつては少々抵抗がありましたが、今は時々利用しています。ごみを持ち帰らなくていいことが私にとっての大きなメリット…

夏至過ぎて

昨日は夏至でした。写真は6時40分ごろの空ですがまだ十分に明るい。7時を過ぎても明るさが残っていました。 我が国にとっては夏至は梅雨のただなかでその実感はなかなかわかない。本当にまぶしく暑いのは一か月後のことです。でも、その時はすでに昼の長さが…

礼節を知る国民

FIFAワールドカップでの日本代表の勝利は大方の予想を裏切るものであったため、さまざまな形で報道されました。試合そのもの以外の話題もいろいろあるようです。観戦したサポーターが帰り際にゴミ拾いをしたというニュースは今回も海外メディアの賛辞に加え…

梅雨の洗うもの

朝からまとまった雨が降っています。今日は一日雨模様。強くはなくても確実にすべてを濡らす雨です。 電車の窓を流れる樹木に降りそそぐ雨は、その新芽を天上に差し出しています。他とは違う色の緑を雨にうたせてその輝きを増しているのです。 雨は万物の命…

直下型

昨日、大阪北部を中心に起きた地震は近くの内部で起きた直下型地震といいます。マグニチュードの数字以上に大きな被害が出たのはまたに震源の浅さに由来するもので、震源が近いために緊急地震速報もほとんど効果を発揮できませんでした。YouTubeに投稿された…

テレフォンレスト

電話を保留状態にしておく時に音楽が鳴るのは、最近の電話には当たり前の機能です。しかし、職場の電話にはその機能がなく、保留音がないため電話の前で話している声が丸聞こえになっていました。そこで、昨日古道具類を売る店に立ち寄り、保留時に受話器を…

余裕をつくらなくては

仕事に追われているうちに空き時間の使い方を忘れてしまいそうになっています。せっかく時間が空いたのに結局何もせずに過ごすことが多いのです。もちろん積極的に何もしないということができれば、それはそれで意味があることです。ところが、何もしないで…

肌寒く

昨日から梅雨空が戻って来ています。それまでの真夏のような陽気から急に気温が下がったので肌寒く感じます。半袖で出て来てしまったのですが、少々後悔しています。台風も来るかもしれないとか。気がつけば6月も後半です。梅雨もここからが本番なのでしょう…

南町田駅から

南町田駅のホームから最近は建設用のクレーンが間近に見えます。駅前施設の工事が始まっているようです。ホームを跨ぐ自由通路の工事も準備されており、パズルのような工程で進んでいるようです。 どのようになるのか、楽しみにしています。

紫陽花

紫陽花の花鞠がいつの間にか大きく鮮やかになっていました。少しずつ色を変えていく花のかたまりは梅雨の曇天に色彩をもたらします。 私の生活圏には紫陽花の群生がなく、数株の庭植えか鉢植えがあるばかりです。それでも一時の慰みとして、大切な風景です。

脇役

このところ歴史小説を続けて読んでいます。歴史の表舞台に登場する人物ではなく、その脇にいてわずかに名を残した人々を主人公とする作品が多いのです。言わずもがなですが、歴史は視点が異なれば全く違うものになります。歴史小説家はそのあたりを狙ってス…

代表

米朝首脳会談が行われることになりました。国家の代表とは尊敬されるべき人物であるという幻想を打ち砕く人たちの対談です。自己の利益のみに固執して多くの大切なことを失うかもしれないなどとも報道されていることが気になります。自国の利益一番という言…

PHP

最近読むようになった雑誌にPHPがあります。短いエッセイを集めた205円の雑誌です。政治や芸能に関する話はほとんどなく、心に訴えかけるような優しい話を集めたものです。平易な日本語でかかれ、個々の文章が短いので寝る前にさっと読むのにちょうど良いの…

段差

膝に水が溜まる持病を持つ私にとって、定期的に来る辛い時期がやってきました。関節炎の原因はいろいろあるようですが、私の場合は関節の中に一種の奇形があるようです。それがゆっくりと炎症を起こし、いわゆる水を溜める状態を招くらしい。 注射器を使って…

五月晴れ

梅雨の晴れ間のことを五月晴れというそうです。まだ梅雨入りしたばかりですが、その定義でいうならば五月晴れの一日になりそうです。ただし、かなり気温が高く語感からはかけ離れている体感です。 いつもよりやや疲労感があるこのごろです。健康第一ながらも…

作り置き

いわゆる常備菜として頻繁に作るのが鶏胸肉を茹でたものと野菜を使った料理です。栄養の面でも優れているらしいのですが、安価で応用範囲が広いのがいいです。朝はサラダに入れるとたくさんの野菜がとれます。夕食は炒め物や汁物に加えればあっさりとした肉…

歴史の視点

亡くなられた葉室麟さんの作品を読み始めています。文庫化されたもののいくつかを読んでみようと思っています。読ませる文体で爽快な内容であり、テーマ性も伝わる作品だと一作読んで感じています。 また、あまり主人公にはならなかった人物を丹念に小説化し…

衣替え

今日から6月です。職場でもいわゆるクールビズが解禁されます。最近はどの企業も官公庁もクールビズには寛容なようですが、私の職場はその中では保守的な方なのでしょう。 自分基準としてネクタイを付けずに行くのは7月からとしています。特に意味はないの…

ツイートは世論なのか

ニュース番組などで視聴者のツイッター投稿記事を画面上に表示したり、一部を読み上げたりすることが最近増えています。NHKでも深夜帯のニュース番組のみならず、朝のニュースでもこの手法がとられるようになりました。私は違和感と危機感を感じています。 …

非スマホ時間

スマートフォンを使う時間をどれだけ短くできるのか。それが私の日常の生活の質に関わる大問題であると感じています。 今もこの文を満員電車のスマートフォンで書いている私ですが、仕事の時間内はスイッチを切っています。電池の持ちが極端に悪くなったこと…

自動給水

鉢植えに自動給水する器具を自作しました。ネット上にあったさまざまな作成法のうち、もっとも安易な方法を試してみました。簡単なのでお勧めします。 必要なのはペットボトル、そのふた二つ、フェルト、コードなどを束ねるらせん状のプラスチックパイプ。 …

全力という幻想

全力疾走とか全力投球とか、全力という言葉がつく言葉には潔さや健気さのニュアンスがあります。私も個人的に好きな言葉です。そうありたいと思う理想です。 しかし、屁理屈をいうなら全力はありや得ない。もしそこで全力を尽くしたならば、その人は動けなく…

余裕がないと

日々の生活に追われているとそれ以上を求める心の余裕がなくなってしまいます。ものについてはそろそろ執着を捨てるべき齢に達していますが、知識に関してはまだ旺盛でありたい。それなのに物欲ばかりが残っていて残念に思っています。 新しいことを始めるた…

無我夢中

無我夢中という言葉には多様性があって文脈によってはよい意味にも悪い意味にもなります。判断力を喪失した状態を如何に評価するかということかもしれません。ただ、そういう状態に自分を落としこめるか否かは、一種の才能に属するものといえます。 何かを始…

初夏の陽気

昨日より気温が上がるが湿度は低い。それが今朝の天気予報のコメントです。初夏の陽気という言葉が何度も聞かれました。梅雨に入る前のちょっとした息抜きでしょうか。木々の緑が映えて美しい朝になっています。やるべきことはたくさんありますので、一つ一…

町を歩く

定期券を使って普段通過する駅の近くを歩いてみることにしました。電車では一瞬にして通り過ぎる町が実は起伏に富んで様々な人が住んでいるということに改めて気づかされました。これだけ多くの人が暮らす都市を一つの言葉で括っていたことは、何かとても大…

蒸し暑さ

湿度も温度も高くなりそうな朝です。東北では降っているとのことでこれが昼過ぎから北関東くらいまで南下するようです。梅雨に入るまでの暑い季節です。おかげさまで今のところは何とか過ごしています。職場は体調を崩している人が多く、私も気をつけなくて…

分析と分類と

物事を論理的に考える段階で分析や分類は大切なことです。しかし、そもそもモノやコトをどう分節するかで世界は別のものに見えてくるし、そのどれが真実なのかは分かりません。 分類が人に対して行われるときにはそれが身近に感じらられます。どういう分類を…

スマホのバッテリーの寿命

スマートフォンのバッテリーが正常に機能するのは2年ほどとするウェブサイトが多数あります。本当でしょうか。もちろん、機種、個体差、使用頻度や環境などによって一概には言えないことは当然です。困っているのは私の機材の著しい劣化です。 当初は二日く…

100円の組み合わせ

いわゆる100円ショップの品物を組み合わせて、半ばハンドメイドのものを作ることに興味があります。パズルのように使うことで新しい道具ができます。実はこの手のことは多くの方が試されており、ネット上にはさまざまな具体例が提示されています。中には動画…