読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

大統領制

アメリカ合衆国大統領が変わりました。トランプ大統領は史上まれにみる支持率の低さで、首都ワシントンでは抗議行動が起き、一部で暴徒化までしたとのことです。アメリカ第一主義を訴える新政権の行方はとても気になります。韓国では朴槿恵大統領の不正疑惑…

冬の曇天

今朝は重い曇天です。どうやら日本の南海上を低気圧が東進しているとのこと、関東での降雪のパターンです。東京に雪が降る条件はいろいろな気象条件が重なる必要があるとかでまだ分かりません。 今日のような空模様は魚津に住んでいた頃の記憶を思い出させま…

霜柱

このところ朝は氷点下になっています。駅前のロータリーの工事現場は地面が露出したままになっているのですが、そこに霜柱が一面にできていました。 聞くところによると、霜柱のできるのには一定の条件が必要なようで関東以外ではあまり見られるものではない…

遅れてくる痛みは

加齢とともに筋肉痛が遅く発症するとはよく言われることで、そんな実感もあります。ところが、どうもこれは科学的実証はされていないらしい。歳のせいではなく日常的な運動量の差が関係しているとのことです。 日常的に運動していない人が急に筋肉を酷使する…

試験の時期

センター試験に寒波の中心が当たってしまったようです。東京は乾いた晴天ですが、この冷え込みからすれば北日本ではかなり荒れているのかもしれません。予報によれば明日は太平洋側でも一部降雪があるといいます。 この時期になるたびに思うのですが、入学試…

電子添削

作文の添削に追われる毎日です。万年筆に赤インクを入れて書くのが自分の流儀です。このスタイルはとても気に入っていて、一番好きな仕事です。 でもさすがに短時間で130枚弱の答案にコメントを書くのは難しく、うんざりしてしまうこともあります。業者の模…

雇用創出

トランプ次期大統領が記者会見に臨んだそうです。相変わらずの品格に欠けた発言だったようですが、ロシアのサイバー攻撃を認めるなど、譲歩した部分も報じられています。 彼がもっとも力説したのが雇用創出でした。自国第一主義を標榜する以上、これこそが不…

寒波の中

寒の入りしてから暦通りの寒い毎日になりました。乾燥した空気を押し流す北風が落葉した樹木の梢を揺らしています。 着ぶくれた乗客を乗せた満員電車でブログを書く毎日が始まりました。

お変わりなく

久しぶりに会った方からかけられる言葉にお変わりなくと言うのがあります。社交辞令として使われる言葉ですが、最近はこれを憐憫と感じるようになってきました。 もちろん、細胞単位の話で言えば全く変わり果てているのですが、そうではなく、世間一般の用例…

成人戒

成人の日が移動型になってから、どうもありがたみが減ったような気がしています。そして今年からは選挙権の与えられる歳でさえなくなってしまいました。法制上の責任の発生など二十歳の意味はもちろんあるのですが、どうも年々その重みが減っているような気…

世界ネコ歩き写真展

小田急百貨店町田店で行われている岩合光昭の世界ネコ歩き展を観てきました。テレビ番組でおなじみのものです。展示されていたのも放送されたシーンのものであり、どこかで見たことがあるというのものでした。 テレビ番組では当然動画ですが、同じものを写真…

公約

新年の抱負を聞かれることが多い季節です。抱負と言うのは努力目標ということであって、できたらよいができなくても許してほしいくらいの意味だと思います。そこで敢えて公約という言葉を使って自分を追い込んでおきたいと思います。 年間100冊以上の読書レ…

休業最終日

今日までが私の冬休みです。他の業種に比べると休める時はまとまってあるのですが、それに比して始まってしまうとどこまでもだらだらと仕事が続くのが教員の(というより私の)職業の特徴です。 かつては学校の先生は休みが長くていいと言われましたが、二重…

年賀状の添え書き

今年も年賀状を多くの方からいただきました。交友がさほど広いわけでなく、まして昨今のネット文化のなかで、住所すら知らない方が増えてしまい、それほど多いわけではありません。日々、お会いする方への賀状は、本年もよろしくという多分に義理の感情で書…

安くてもよい物

円高進行中の時代は、デフレも影響してとにかく安い物を買う傾向にありました。これは消費者の心理として仕方がないことだと思います。外国製品があまりに普及し、その中には粗悪品とまでは言わないまでも、ぎりぎりの水準の物が多数ありました。価格を理由…

産土の神へ初詣

昨日は鶴間熊野神社に初詣に行ってきました。昨年の住居表示変更でもはや鶴間ではなく南町田4丁目という人工的な地名になってしまいましたが、神社の方は年々参拝客が増えている気がします。 この辺りにはマンションや宅地造成が続いており、人口が増えてい…

グランベリーモールの最後の元日

南町田駅前のグランベリーモールは元日も営業していました。写真にもあるように2月12日を最後に全面的な改修に入ります。約2年の間、ほぼ全機能を停止し、大規模な改修をします。建物のみならず区画整理も含む改修ということです。この時期にどうして大規…

本年もよろしくお願いします

2017年が始まりました。私のような年齢になると意識して新年の区切りをつけていかないとたちまちのうちに時間の流れに飲まれてしまいます。今年も挑戦者のつもりで新しいことに挑んでいこうと思っています。 仕事の方では国語教育の在り方を考えること。それ…

大晦

今年も今日で終わりです。個人的にこの一年は悲しいこともあり、またつらいこともたくさんありました。また、新しく始めた仕事もあり、それに慣れずに振り回されたこともありました。加齢による体調の異変も少しずつ感じるようになり、それに対抗するための…

夜行性

休みに入ってわずか数日で夜型になってしまいまいました。どうも私の場合は意識しないと日常生活が営めない体質のようです。逆に言えば日々の生活が私にとっては「不自然」なものなのかもしれません。 とはいえ、年末年始にやりたいこともたくさんあるので、…

仕事納め

私にとっては今日が仕事納めです。学校が明日から閉鎖になるというだけで、仕事は自宅でやることになるだけのことですが。 仕事上の成功と失敗とを比べていくとやはり差し引きゼロといった感じかも知れません。もっともよくなかったことのいくつかとよかった…

忘年会

最近は忘年会というものをしていません。というより、自主的に行う宴会のようなものが行われなくなりました。多忙な上に職場の価値観が変わったことも大きいと思います。雇用の体系も変わったこともあって、若い世代でも転職することが増え、固定化した人間…

はがきを書く意味

年賀はがきを各時期に入り、職場でも今年からはLINEで新年のあいさつをすることにしないかという声をよく聞くようになりました。古い人間だからかもしれませんが相当な違和感を感じています。 私も毎日ブログを書いており、ネットの簡便さと機能はよく心得て…

お遊戯の記憶

もう何度も書いたことかもしれませんが、私はクリスマスとなると思い出すことがあります。通っていた幼稚園がカトリック系だったこともあって、12月にはキリスト生誕の様をお遊戯で発表する行事がありました。その中で私はヨセフ役として舞台のほぼ真ん中に…

強風

糸魚川で発生した大火のニュースに心を傷めています。北陸では南寄りの風が吹いたとき乾燥しやすく、しかも今回のような台風並みの風の場合はかなり危険な状況になります。富山県の一部の地域ではこれを避けるために家屋の間隔を意図的に離すことも行われて…

恋も型なのか

AIに恋の相談をする人の話が報道されていました。人工知能の発展を述べる意図のレポートでした。この件については多少異論があります。 恋占いは花びらでもできます。もちろん、帰ってくる答えが複雑であればあるほど、見かけ上の信憑性は上がります。さら…

遠近法の混乱

遠近法がおかしい絵画を見たときの不自然さはなんとも形容しがたいものがあります。それを不快感と呼ぶこともできるかもしれません。しかし、絵画でなくても似たような気持ちになることがあります。 メディアを通して伝わってくる情報は多分に親しみやすく身…

ふるさと納税

希望の自治体に寄附を行うことで返礼品がもらえ、税の優遇が受けられるふるさと納税に興味を持ち始めました。財テクするほどの資金はないのです。単純に寄付というところに惹かれた訳です。 かつてお世話になった町に何らかの貢献ができればと思っていました…

刹那的発想

ある授業で駅の利用者を増やすためには何をすべきかと尋ねたそうです。ほとんどの 生徒が今はやりのタレントを呼んだり、ダンスイベントを行うなどと提案したといいます。因みに中学生の話です。 発問の意図を聞かなかったのですが、おそらく問題発見と解決…

雪の幻想

魚津に住んでいた頃の思い出はかなり薄れかけているのですが、それでも印象的に覚えていることがあります。雪の降る前後のことは特に思い出します。 天候の崩れる前は僧ケ岳が浮き出して見えること。激しい雷鳴とともに降る雪、刻々と変わる雪の形、積もり出…

最後の満月

昨夜は今年最後の満月だったようです。南町田駅前のこの風景もあと2か月ほどとなりました。閉店セールの告知があってから客足が伸びているようです。 この風景も見納めです。

ルール変更

来季のJ2、 J3リーグは入れ替え戦を行わず自動昇格、降格になると発表されました。参加クラブ数が増えたことと関連があるようですが相変わらずサッカーの世界はシステムが安定しません。 ルールが容赦なく変更されるのはスポーツ界に限ったことではありませ…

生きる知恵

自分の身の回りの人の変化はなかなか気づきにくいものです。もっとも身近な自分に至っては時として変化してくれことすら忘れています。いつまでも変わらないねというお世辞を半ば 以上真に受けてしまいます。 加齢による外見上の変化は久しぶりに 出会った友…

未来の人類

千年後の人類は 脳が縮小しているとの科学者による予測が発表されました。生物にとっての千年は長くはないはずで、今後急激な変化が訪れることを意味します。AIによる知の分野の代替がそれをもたらすとのことですが、考えなくなった子孫たちが過酷な自然環…

乾燥した青空

今日は乾燥した青空が広がっていました。肌がこすれるとかすかに痛い感触を覚えるのはこの季節の困りごとの一つです。 12月も中旬に入りやらなくてはならないことの期限が迫ってきています。この青空とあっけなく暮れてしまう日の短さにいつも騙されてしまう…

政治屋の発言

過激な言動が一時期の人気を勝ち取り選挙戦を勝ち抜くということがこのところしばしばみられます。アメリカ大統領選挙で勝利したトランプ氏はその象徴ですが、敗北したクリントン氏もSNSなどで方向性こそ異なるものの煽情的な発言をしていたことを思うと、選…

反省

定期考査が終わった生徒諸君にとっては、晴れやかな一時が始まります。少なくとも返却されるまでの時間は解放感に包まれるはずです。一方、教員はこれからが正念場です。限られた時間で採点から評定の決定までを終えなくてはならないのですから。 テストの採…

日較差

最高最低気温の差が激しい日が続いています。体調を崩す人が多い原因の一つが朝晩と日中の気温差ではないでしょうか。 どうも私は、そしておそらく多くの人は変化に弱いようです。少しずつ下がる気温には何とか対応できても、急激な変化にはついてゆけない。…

紅葉舞う

鶴間公園の樹木も紅葉そして落葉の季節になりました。 よく見ると紅葉は一様ではありません。種によって色彩の大まかな違いはあります。楓の鮮やかな赤や、銀杏の黄色はいうまでもありませんが、そのほかにも名状しがたい中間色や様々な色の組み合わせなど実…

予防接種

地元の医院で予防接種を受けることになりました4種類のインフルエンザ株が入って4000円とか。これで今季が乗り切れればよいのですが。 今年は流行が早いため、接種を待つ人が途切れることがありませんでした。

流感

今季はインフルエンザが早くも流行しています。A型ということで感染力が強く、高熱が出るようなので要注意です。昨年は予防接種を受けたのですが、今年はまだです。やらなくてはならないことが多いので風邪を引く暇などありません。なんとか「バカの壁」で…

師走入り

今日から12月です。この時期になると1年の振り返りがなされるのが世の常です。私も反省は大切だとは思いながら、結局何もできそうもありません。ここにきて過去にないほどの多忙な日々となり、毎日をなんとか乗りきっているのが実情です。 一枚だけになった…

入試の弊害

学力試験を若い世代に課すことには重要な意味があります。新しい学力観を推進する人の中には現在の入試のあり方を否定的に語る人もいますが、その中には感情的な嫌悪感でしかないものが大半です。 たとえ丸暗記であろうと、ビジネスに直結するものでなくても…

ぶりおこし

魚津に住んでいた頃、この時期には激しい雷鳴に驚く日がありました。富山湾の海上にかかる暗雲から間歇的に稲妻が光り、轟音が鳴り響きます。 古い土地の言葉で鰤起こしと言われる冬の稲妻は天然鰤の漁期の訪れを告げる風物詩でもありました。今はもう幻想の…

朝の一分

私にとっては朝の時間帯は思うままにならないものの上位にあります。起きるのが遅いのと、寝起きがよくないこと。その癖、やるべきことが次々と想起されて、しかもやる時間がない。もどかしさと自らの無計画さを悔やむ思いを混ぜ合わせて濃縮したような感情…

古典を教える意味を伝えなくては

国語教育に対する考えを中学生に語らせると意外に素直な答えが返ってきます。国語の授業の中で役に立つのはプレゼンやディベートなどを行う授業であり、読解を中心とした授業はその次、そしてやらなくていいと思うのは古典の授業であるというのです。古典を…

緊急性重視

早朝に起きた福島県沖の地震で津波警報が発令されました。NHKニュースの警報アナウンスはかなり強い調子で逃げてくださいと繰り返し 、字幕も赤地に白い字で、すぐ、にげて、と出ました。緊急性重視の方針転換があったことは知っていましたが、それを現実に…

欠礼状

喪中を知らせるはがきが届き始めました。親族の不幸を改めて感じる時です。今年は私も祖母を亡くしました。悲しみがじわりと湧き上がる時があります。せめて故人からいただいた慈愛の心を継承して、他の誰かに同じことをすることが、僅かなご恩返しと考えよ…

銀杏黄葉

今朝はやや寒さを感じるのでコートを着て出勤しています。通勤電車の車窓から見える銀杏並木が黄葉しているのを見ると晩秋の感に心までもが震えます。ここ数年ではもっとも忙しい毎日を過ごしているのですが、なぜか体調はよく、忙しさを全うできてしまうの…

I've never said...

想像していたことではありますがアメリカ次期大統領のトランプ氏は選挙活動中の発言のいくつかを撤回しているようです。日本の核武装を肯定した見解についてはそんなことは言っていないと否定しているのだとか。これだけのメディア報道のある中で、前言撤回…