読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

言葉で自己暗示

自己啓発の本を読んでいると、苦しい時も弱音は吐くな、といった内容によくぶつかります。言葉には人の行動を促す機能があるので、悪い方向の言葉を発すると一層そう思う気持ちが高まり、行動が影響を受けるというのです。 つまり、私たちは言葉にすることに…

気温の乱高下

昨日の最高気温とは20度も違う朝です。春一番の残した砂埃の吹き溜まりの後に昨日の陽気を確認しています。 気温の乱高下は2月の特徴です。 南町田駅前のロータリーはかなり出来上がってきました。バイパスへの接続部分が未完成でやはり完成は来月なのかもし…

飛来

今日は気温が上昇し4月並みになるとの予報が出ています。確かに今朝は体感が違います。また、どうも花粉の飛散も急増したようで、私の身体が律儀に反応しているではありませんか。 2月は気温の変化が激しいのが特徴で、体調を崩し安いと言われます。暖かくな…

バイオリズム

かつてはバイオリズムということがよく言われました。波状の連続曲線が様々な心身の要素の好不調を表したグラフを見ては、一喜一憂したものです。最近はあまり見かけません。 あんなに単純なものかどうかは別として、確かに体調や感情の周期的な変化はある気…

音を描く

恩田陸『蜜蜂と遠雷』はピアノコンクールそのものを小説にするというユニークな作品です。直木賞受賞作品ということですが、なるほど読み応えのある娯楽小説にもなっています。 書評については別のブログに記しましたので、今回は音楽の文字による描写という…

ロートルの出番

おそらく自分にはいくつかやらなくてはならないことがあると思っているのですが、そのうちの大切な一つが職場の若い人たちへ仕事を教えることです。もちろん、自分のやり方が絶対素晴らしいなどという自信を持っていないので、一例を示してあとは考えてもら…

買い物難民

今日でグランベリーモールが終了します。約2年間で全面改装するとのことです。完成予定図によればもはやベリーの形ではなく、この名前としての営業がもしかしたら今日が最後になるのかもしれません。衣料関係のアウトレットとしてお世話になりましたが、残念…

無意識なゆえに

無意識のうちに人を傷つけることはよくあることです。無意識なので罪悪感はない。それがかえって深刻なのです。 例えば自分は歳をとって体力が落ちたと嘆くまではよいのです。おそらくそこにはそんな自分を労わってほしいとか、大目に見てほしいという思いが…

震災を教える、震災に教えられる

中学生に東日本大震災について考えさせようと考えています。私にとっては6年前はついこの前のことですが、中学生諸君にとっては小学生になったばかりであり、記憶は曖昧です。覚えていたとしても幼い子どもの視点でしか捉えられていません。まずは事実関係を…

雪交じり

西日本で大雪の予報が出ています。東京でも今朝はかすかに白いものが落ちています。積雪の可能性は少ないものの寒い朝です。 この時期には関東でもまとまった雪が降ることがあります。少し前、大学受験生を悩ませた大雪があったことを思い出します。よく言わ…

遅延

田園都市線の遅延はこの地区ではもはや常態化しています。これにはいくつかの要因があるのでなかなか解消することは難しいでしょう。 主因は沿線の人口が多すぎることです。人口減少傾向にある我が国にあってこの地域だけは例外で、いまもマンション建築など…

世論の先導者

物事にはもともと決まった価値があるのではなく、立場や状況に応じて変容しうるものだということを忘れてはならないでしょう。真実は一つという思いが強すぎると自分の価値観以外は認めないという偏狭な態度に陥ることになります。 ネット検索を続けていると…

比喩の引き出し

「サピエンス全史」という本を読んでいるのですが、思うのは比喩の仕方が巧妙であるということです。書かれている内容に関しては以前どこかで読んだり、聞いたりしたことが大半なのですが、その説明を実にうまいたとえで語っているのがこの本の面白いところ…

恵方巻

行事を制する者は成功する。商機は様々なところにあるといいますが、恒例行事の中に食い込むことができれば、しばらくは安定した機会を設けることができます。私が子供のころには父の日はそれほど知られていませんでしたし、ホワイトデーは存在しませんでし…

未来への責任

未来を悲観する話はいくらでもあります。この国に限って言うならば、人口減少と財政難による国際的立場の失墜と生活水準の後退は既に言い尽くされるほどで、貧乏な老人の溢れる国となるともいわれます。 そうなる前にどこかの原発が故障して住めなくなる地域…

2月始まる

今日から2月です。1年で一番短い月でありながら、私の仕事の中では最も大切な行事がある時でもあります。忙しい時こそ新しい自分の可能性を見つけるきっかけとなると信じて、この季節を乗り切っていきたいと思います。

交番は?

南町田駅北口ロータリーの建設は着々と進んでいます。地下に駐輪場まであります。人口急増地域の駅としての体裁をようやく整えつつあるといえます。 課題なのは交番が近隣にないことです。人の集中の度合いからしてここにいままで派出所が置かれてこなかった…

旧正月

今日は旧暦の元旦、中国では春節、韓国では설날と呼ばれて特別な日とされています。日本では新暦で正月を祝いますが、かつては太陰暦が基準であったのは同じであり古典の世界の正月の季節感は今日を基準とすべきなのです。 さて、日本では旧正月がいつなのか…

国産電子書籍リーダー

愛用している電子書籍リーダーのLideoはすでに書店での販売を止めているようです。ソニーもこの世界から撤退したらしく、Amazonと楽天というネット流通の大手がおす海外ブランド商品に敗北したことになります。 Lideoは機能限定の低価格が魅力です。買えるの…

形が見えてきた

南町田駅北口ロータリーの工事は続いています。ロータリーの車道部分の枠組みはほぼ終わりました。バイパス側に向かって緩やかな下り傾斜をつけており、大雨が降った時の排水に不安があります。舗装が施されると随分様子が変わりそうです。

流感

同僚からインフルエンザにかかったとメールがきました。今年のウイルスは強いのか、しばらく罹患していなかった人も罹るようです。予防医学の発展と知識の普及によって出勤禁止措置がとられるようになったのはいいことです。 お休みの穴をどうするかは少し問…

観客の視点

生徒向けの演劇講習会の引率をしてきました。多くの学校演劇部は部員不足に悩まされており、専門の顧問、コーチがいる学校も少ないため、練習方法が伝承されず、結果として一層生徒が集まらないという悪循環が起きています。その解消として県の青少年センタ…

大統領制

アメリカ合衆国大統領が変わりました。トランプ大統領は史上まれにみる支持率の低さで、首都ワシントンでは抗議行動が起き、一部で暴徒化までしたとのことです。アメリカ第一主義を訴える新政権の行方はとても気になります。韓国では朴槿恵大統領の不正疑惑…

冬の曇天

今朝は重い曇天です。どうやら日本の南海上を低気圧が東進しているとのこと、関東での降雪のパターンです。東京に雪が降る条件はいろいろな気象条件が重なる必要があるとかでまだ分かりません。 今日のような空模様は魚津に住んでいた頃の記憶を思い出させま…

霜柱

このところ朝は氷点下になっています。駅前のロータリーの工事現場は地面が露出したままになっているのですが、そこに霜柱が一面にできていました。 聞くところによると、霜柱のできるのには一定の条件が必要なようで関東以外ではあまり見られるものではない…

遅れてくる痛みは

加齢とともに筋肉痛が遅く発症するとはよく言われることで、そんな実感もあります。ところが、どうもこれは科学的実証はされていないらしい。歳のせいではなく日常的な運動量の差が関係しているとのことです。 日常的に運動していない人が急に筋肉を酷使する…

試験の時期

センター試験に寒波の中心が当たってしまったようです。東京は乾いた晴天ですが、この冷え込みからすれば北日本ではかなり荒れているのかもしれません。予報によれば明日は太平洋側でも一部降雪があるといいます。 この時期になるたびに思うのですが、入学試…

電子添削

作文の添削に追われる毎日です。万年筆に赤インクを入れて書くのが自分の流儀です。このスタイルはとても気に入っていて、一番好きな仕事です。 でもさすがに短時間で130枚弱の答案にコメントを書くのは難しく、うんざりしてしまうこともあります。業者の模…

雇用創出

トランプ次期大統領が記者会見に臨んだそうです。相変わらずの品格に欠けた発言だったようですが、ロシアのサイバー攻撃を認めるなど、譲歩した部分も報じられています。 彼がもっとも力説したのが雇用創出でした。自国第一主義を標榜する以上、これこそが不…

寒波の中

寒の入りしてから暦通りの寒い毎日になりました。乾燥した空気を押し流す北風が落葉した樹木の梢を揺らしています。 着ぶくれた乗客を乗せた満員電車でブログを書く毎日が始まりました。

お変わりなく

久しぶりに会った方からかけられる言葉にお変わりなくと言うのがあります。社交辞令として使われる言葉ですが、最近はこれを憐憫と感じるようになってきました。 もちろん、細胞単位の話で言えば全く変わり果てているのですが、そうではなく、世間一般の用例…

成人戒

成人の日が移動型になってから、どうもありがたみが減ったような気がしています。そして今年からは選挙権の与えられる歳でさえなくなってしまいました。法制上の責任の発生など二十歳の意味はもちろんあるのですが、どうも年々その重みが減っているような気…

世界ネコ歩き写真展

小田急百貨店町田店で行われている岩合光昭の世界ネコ歩き展を観てきました。テレビ番組でおなじみのものです。展示されていたのも放送されたシーンのものであり、どこかで見たことがあるというのものでした。 テレビ番組では当然動画ですが、同じものを写真…

公約

新年の抱負を聞かれることが多い季節です。抱負と言うのは努力目標ということであって、できたらよいができなくても許してほしいくらいの意味だと思います。そこで敢えて公約という言葉を使って自分を追い込んでおきたいと思います。 年間100冊以上の読書レ…

休業最終日

今日までが私の冬休みです。他の業種に比べると休める時はまとまってあるのですが、それに比して始まってしまうとどこまでもだらだらと仕事が続くのが教員の(というより私の)職業の特徴です。 かつては学校の先生は休みが長くていいと言われましたが、二重…

年賀状の添え書き

今年も年賀状を多くの方からいただきました。交友がさほど広いわけでなく、まして昨今のネット文化のなかで、住所すら知らない方が増えてしまい、それほど多いわけではありません。日々、お会いする方への賀状は、本年もよろしくという多分に義理の感情で書…

安くてもよい物

円高進行中の時代は、デフレも影響してとにかく安い物を買う傾向にありました。これは消費者の心理として仕方がないことだと思います。外国製品があまりに普及し、その中には粗悪品とまでは言わないまでも、ぎりぎりの水準の物が多数ありました。価格を理由…

産土の神へ初詣

昨日は鶴間熊野神社に初詣に行ってきました。昨年の住居表示変更でもはや鶴間ではなく南町田4丁目という人工的な地名になってしまいましたが、神社の方は年々参拝客が増えている気がします。 この辺りにはマンションや宅地造成が続いており、人口が増えてい…

グランベリーモールの最後の元日

南町田駅前のグランベリーモールは元日も営業していました。写真にもあるように2月12日を最後に全面的な改修に入ります。約2年の間、ほぼ全機能を停止し、大規模な改修をします。建物のみならず区画整理も含む改修ということです。この時期にどうして大規…

本年もよろしくお願いします

2017年が始まりました。私のような年齢になると意識して新年の区切りをつけていかないとたちまちのうちに時間の流れに飲まれてしまいます。今年も挑戦者のつもりで新しいことに挑んでいこうと思っています。 仕事の方では国語教育の在り方を考えること。それ…

大晦

今年も今日で終わりです。個人的にこの一年は悲しいこともあり、またつらいこともたくさんありました。また、新しく始めた仕事もあり、それに慣れずに振り回されたこともありました。加齢による体調の異変も少しずつ感じるようになり、それに対抗するための…

夜行性

休みに入ってわずか数日で夜型になってしまいまいました。どうも私の場合は意識しないと日常生活が営めない体質のようです。逆に言えば日々の生活が私にとっては「不自然」なものなのかもしれません。 とはいえ、年末年始にやりたいこともたくさんあるので、…

仕事納め

私にとっては今日が仕事納めです。学校が明日から閉鎖になるというだけで、仕事は自宅でやることになるだけのことですが。 仕事上の成功と失敗とを比べていくとやはり差し引きゼロといった感じかも知れません。もっともよくなかったことのいくつかとよかった…

忘年会

最近は忘年会というものをしていません。というより、自主的に行う宴会のようなものが行われなくなりました。多忙な上に職場の価値観が変わったことも大きいと思います。雇用の体系も変わったこともあって、若い世代でも転職することが増え、固定化した人間…

はがきを書く意味

年賀はがきを各時期に入り、職場でも今年からはLINEで新年のあいさつをすることにしないかという声をよく聞くようになりました。古い人間だからかもしれませんが相当な違和感を感じています。 私も毎日ブログを書いており、ネットの簡便さと機能はよく心得て…

お遊戯の記憶

もう何度も書いたことかもしれませんが、私はクリスマスとなると思い出すことがあります。通っていた幼稚園がカトリック系だったこともあって、12月にはキリスト生誕の様をお遊戯で発表する行事がありました。その中で私はヨセフ役として舞台のほぼ真ん中に…

強風

糸魚川で発生した大火のニュースに心を傷めています。北陸では南寄りの風が吹いたとき乾燥しやすく、しかも今回のような台風並みの風の場合はかなり危険な状況になります。富山県の一部の地域ではこれを避けるために家屋の間隔を意図的に離すことも行われて…

恋も型なのか

AIに恋の相談をする人の話が報道されていました。人工知能の発展を述べる意図のレポートでした。この件については多少異論があります。 恋占いは花びらでもできます。もちろん、帰ってくる答えが複雑であればあるほど、見かけ上の信憑性は上がります。さら…

遠近法の混乱

遠近法がおかしい絵画を見たときの不自然さはなんとも形容しがたいものがあります。それを不快感と呼ぶこともできるかもしれません。しかし、絵画でなくても似たような気持ちになることがあります。 メディアを通して伝わってくる情報は多分に親しみやすく身…

ふるさと納税

希望の自治体に寄附を行うことで返礼品がもらえ、税の優遇が受けられるふるさと納税に興味を持ち始めました。財テクするほどの資金はないのです。単純に寄付というところに惹かれた訳です。 かつてお世話になった町に何らかの貢献ができればと思っていました…