読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

無意識なゆえに

無意識のうちに人を傷つけることはよくあることです。無意識なので罪悪感はない。それがかえって深刻なのです。 例えば自分は歳をとって体力が落ちたと嘆くまではよいのです。おそらくそこにはそんな自分を労わってほしいとか、大目に見てほしいという思いが…

震災を教える、震災に教えられる

中学生に東日本大震災について考えさせようと考えています。私にとっては6年前はついこの前のことですが、中学生諸君にとっては小学生になったばかりであり、記憶は曖昧です。覚えていたとしても幼い子どもの視点でしか捉えられていません。まずは事実関係を…

雪交じり

西日本で大雪の予報が出ています。東京でも今朝はかすかに白いものが落ちています。積雪の可能性は少ないものの寒い朝です。 この時期には関東でもまとまった雪が降ることがあります。少し前、大学受験生を悩ませた大雪があったことを思い出します。よく言わ…

遅延

田園都市線の遅延はこの地区ではもはや常態化しています。これにはいくつかの要因があるのでなかなか解消することは難しいでしょう。 主因は沿線の人口が多すぎることです。人口減少傾向にある我が国にあってこの地域だけは例外で、いまもマンション建築など…

世論の先導者

物事にはもともと決まった価値があるのではなく、立場や状況に応じて変容しうるものだということを忘れてはならないでしょう。真実は一つという思いが強すぎると自分の価値観以外は認めないという偏狭な態度に陥ることになります。 ネット検索を続けていると…

余寒

立春を過ぎた後の寒さを余寒と言います。暦日と体感は必ずしも一致しませんが、余寒にはちょっとした期体感が含まれる季語として素直に受け取ることができます。 今朝の駅の土手にはまだ新芽はありません。コートなしでは寒いですが、駅舎の柱の影に春を感じ…

都市を抽象化すると

町田市立国際版画美術館で開催中の「シリーズ現代の作家 追悼・木村利三郎」という企画を観てきました。展示室は一室の小企画ですが、私としては見ごたえがありました。 スクリーンプリントという手法を用いた作品の多くは都市を抽象化したもので、写実から…

比喩の引き出し

「サピエンス全史」という本を読んでいるのですが、思うのは比喩の仕方が巧妙であるということです。書かれている内容に関しては以前どこかで読んだり、聞いたりしたことが大半なのですが、その説明を実にうまいたとえで語っているのがこの本の面白いところ…

恵方巻

行事を制する者は成功する。商機は様々なところにあるといいますが、恒例行事の中に食い込むことができれば、しばらくは安定した機会を設けることができます。私が子供のころには父の日はそれほど知られていませんでしたし、ホワイトデーは存在しませんでし…

未来への責任

未来を悲観する話はいくらでもあります。この国に限って言うならば、人口減少と財政難による国際的立場の失墜と生活水準の後退は既に言い尽くされるほどで、貧乏な老人の溢れる国となるともいわれます。 そうなる前にどこかの原発が故障して住めなくなる地域…

2月始まる

今日から2月です。1年で一番短い月でありながら、私の仕事の中では最も大切な行事がある時でもあります。忙しい時こそ新しい自分の可能性を見つけるきっかけとなると信じて、この季節を乗り切っていきたいと思います。

交番は?

南町田駅北口ロータリーの建設は着々と進んでいます。地下に駐輪場まであります。人口急増地域の駅としての体裁をようやく整えつつあるといえます。 課題なのは交番が近隣にないことです。人の集中の度合いからしてここにいままで派出所が置かれてこなかった…

入国制限

中東地域とアフリカの一部の国の国民がアメリカに入国することができなくなっています。大統領令が発効したことがその理由であり、人権問題に発展しそうな気配が濃厚です。 大量の移民が欧州の社会や経済を揺るがしているというのがトランプ大統領の言い分で…

舗装されました

南町田駅北口ロータリーは車道域の舗装がほぼ終わったようです。予想していた通り、風景が変わりました。グランベリーモール閉鎖後はこちら側が駅の正面の役割を果たすはずです。ただし、周辺には大きな店舗はなく、あくまでも通過する場所となりそうです。…

手続きの間違い

対馬の観音寺の銅造観世音菩薩坐像が韓国人の文化財窃盗団に盗まれ、韓国に持ち帰った事件に関して、先日、現地の地裁が出した判決に驚きました。簡潔に言えば倭寇に略奪されたものであるから返却の必要はないというのです。しかもその証明はできないことを…

旧正月

今日は旧暦の元旦、中国では春節、韓国では설날と呼ばれて特別な日とされています。日本では新暦で正月を祝いますが、かつては太陰暦が基準であったのは同じであり古典の世界の正月の季節感は今日を基準とすべきなのです。 さて、日本では旧正月がいつなのか…

国産電子書籍リーダー

愛用している電子書籍リーダーのLideoはすでに書店での販売を止めているようです。ソニーもこの世界から撤退したらしく、Amazonと楽天というネット流通の大手がおす海外ブランド商品に敗北したことになります。 Lideoは機能限定の低価格が魅力です。買えるの…

花盗人

玄関先に置いた小さな鉢植えの花を盗むものがいます。ジュリアンという名で花屋で売られている鉢植えは妻が買ってきました。小さな花をいくつもつけるこの花は咲くたびに摘み取られています。 近くの悪坊主の仕業ではないかと当初は疑いました。ただ他にもあ…

形が見えてきた

南町田駅北口ロータリーの工事は続いています。ロータリーの車道部分の枠組みはほぼ終わりました。バイパス側に向かって緩やかな下り傾斜をつけており、大雨が降った時の排水に不安があります。舗装が施されると随分様子が変わりそうです。

横綱の町

茨城県牛久市は常磐線に沿った地方都市です。隣接する土浦市や独自の歴史を持つ龍ヶ崎市に挟まれて今ひとつ存在感がありませんでした。もちろんシャトーカミヤや大仏など全国に通用するスポットはあるのですが。 稀勢の里が横綱になったことはこの町には朗報…

流感

同僚からインフルエンザにかかったとメールがきました。今年のウイルスは強いのか、しばらく罹患していなかった人も罹るようです。予防医学の発展と知識の普及によって出勤禁止措置がとられるようになったのはいいことです。 お休みの穴をどうするかは少し問…

観客の視点

生徒向けの演劇講習会の引率をしてきました。多くの学校演劇部は部員不足に悩まされており、専門の顧問、コーチがいる学校も少ないため、練習方法が伝承されず、結果として一層生徒が集まらないという悪循環が起きています。その解消として県の青少年センタ…

大統領制

アメリカ合衆国大統領が変わりました。トランプ大統領は史上まれにみる支持率の低さで、首都ワシントンでは抗議行動が起き、一部で暴徒化までしたとのことです。アメリカ第一主義を訴える新政権の行方はとても気になります。韓国では朴槿恵大統領の不正疑惑…

交換日記もしくはノート文通

生徒と交換日記をしています。というと問題がありそうです。もっとも交換日記という響きの中に込められた昭和の意味合いを理解できる人が減っているのは事実です。 実は授業のまとめや感想、それ以外でもよいので何か書いて自主的に提出してほしいと提案した…

冬の曇天

今朝は重い曇天です。どうやら日本の南海上を低気圧が東進しているとのこと、関東での降雪のパターンです。東京に雪が降る条件はいろいろな気象条件が重なる必要があるとかでまだ分かりません。 今日のような空模様は魚津に住んでいた頃の記憶を思い出させま…

魂の演奏

昨日、水戸室内管弦楽団の公演をミューザ川崎シンフォニーホールに聴きに行きました。地方都市の名を冠する小規模オーケストラの本拠地以外での公演はほぼ満席でした。それは小澤征爾が指揮するからです。 演目は指揮者なしで演奏されたモーツァルトのバイオ…

先生受け

ある生徒の随筆を添削していたらちょっと耳の痛い話がありましたのでご紹介します。その生徒は「好きなことを書きなさい」という作文課題はおかしいというのです。 好きなことという指示に従って書いたものを提出してみると、もっとこのように書いた方がいい…

閉店カウントダウン

グランベリーモールの閉店までもうひと月を切っています。カウントダウンのタイマーまで設置されています。 バレンタインデーを迎えることなく終わってしまうことになります。 このままでもよいのにと思うのは当事者ではないからでしょうか。

霜柱

このところ朝は氷点下になっています。駅前のロータリーの工事現場は地面が露出したままになっているのですが、そこに霜柱が一面にできていました。 聞くところによると、霜柱のできるのには一定の条件が必要なようで関東以外ではあまり見られるものではない…

遅れてくる痛みは

加齢とともに筋肉痛が遅く発症するとはよく言われることで、そんな実感もあります。ところが、どうもこれは科学的実証はされていないらしい。歳のせいではなく日常的な運動量の差が関係しているとのことです。 日常的に運動していない人が急に筋肉を酷使する…

試験の時期

センター試験に寒波の中心が当たってしまったようです。東京は乾いた晴天ですが、この冷え込みからすれば北日本ではかなり荒れているのかもしれません。予報によれば明日は太平洋側でも一部降雪があるといいます。 この時期になるたびに思うのですが、入学試…

電子添削

作文の添削に追われる毎日です。万年筆に赤インクを入れて書くのが自分の流儀です。このスタイルはとても気に入っていて、一番好きな仕事です。 でもさすがに短時間で130枚弱の答案にコメントを書くのは難しく、うんざりしてしまうこともあります。業者の模…

雇用創出

トランプ次期大統領が記者会見に臨んだそうです。相変わらずの品格に欠けた発言だったようですが、ロシアのサイバー攻撃を認めるなど、譲歩した部分も報じられています。 彼がもっとも力説したのが雇用創出でした。自国第一主義を標榜する以上、これこそが不…

寒波の中

寒の入りしてから暦通りの寒い毎日になりました。乾燥した空気を押し流す北風が落葉した樹木の梢を揺らしています。 着ぶくれた乗客を乗せた満員電車でブログを書く毎日が始まりました。

お変わりなく

久しぶりに会った方からかけられる言葉にお変わりなくと言うのがあります。社交辞令として使われる言葉ですが、最近はこれを憐憫と感じるようになってきました。 もちろん、細胞単位の話で言えば全く変わり果てているのですが、そうではなく、世間一般の用例…

成人戒

成人の日が移動型になってから、どうもありがたみが減ったような気がしています。そして今年からは選挙権の与えられる歳でさえなくなってしまいました。法制上の責任の発生など二十歳の意味はもちろんあるのですが、どうも年々その重みが減っているような気…

世界ネコ歩き写真展

小田急百貨店町田店で行われている岩合光昭の世界ネコ歩き展を観てきました。テレビ番組でおなじみのものです。展示されていたのも放送されたシーンのものであり、どこかで見たことがあるというのものでした。 テレビ番組では当然動画ですが、同じものを写真…

Twitter政治

トランプ次期大統領は自身の政治方針をTwitterで発表することを繰り返しています。SNSの情報は玉石混淆で、取り分け石が多分に含まれています。そして大半はその根拠を示さず断片的な思いつきを掲載したものになっています。 トランプ氏は大統領であって大統…

公約

新年の抱負を聞かれることが多い季節です。抱負と言うのは努力目標ということであって、できたらよいができなくても許してほしいくらいの意味だと思います。そこで敢えて公約という言葉を使って自分を追い込んでおきたいと思います。 年間100冊以上の読書レ…

休業最終日

今日までが私の冬休みです。他の業種に比べると休める時はまとまってあるのですが、それに比して始まってしまうとどこまでもだらだらと仕事が続くのが教員の(というより私の)職業の特徴です。 かつては学校の先生は休みが長くていいと言われましたが、二重…

年賀状の添え書き

今年も年賀状を多くの方からいただきました。交友がさほど広いわけでなく、まして昨今のネット文化のなかで、住所すら知らない方が増えてしまい、それほど多いわけではありません。日々、お会いする方への賀状は、本年もよろしくという多分に義理の感情で書…

女化神社

茨城県牛久市女化にある(境内は龍ヶ崎市の飛び地)女化神社に行ってきました。創建は室町時代ともそれ以前とも伝わっていますが、確かなことは不明です。興味深いのは狐の報恩譚と異類婚姻譚を伝承していることで、日本霊異記の説話に似ています。 この神社…

南町田駅前北口ロータリー建設中

3月の供用を目指して工事が進んでいる田園都市線南町田駅前北口のロータリーは車道と歩道の境界の設備が取り付けられ、少しずつその全容がうかがえるようになってきています。 グランベリーモールの閉鎖中はこちらが駅の正面玄関になりそうですが、今のとこ…

安くてもよい物

円高進行中の時代は、デフレも影響してとにかく安い物を買う傾向にありました。これは消費者の心理として仕方がないことだと思います。外国製品があまりに普及し、その中には粗悪品とまでは言わないまでも、ぎりぎりの水準の物が多数ありました。価格を理由…

たまプラーザテラス

たまプラーザ駅前のイルミネーションが初売りの客たち照らし出していました。 景気の回復はまだまだといわれる昨今ですが、初売りには多くの集客があったようです。最近は福袋がそれほど売れないらしく、この時間でも余りがありました。中身を見せる福袋もあ…

産土の神へ初詣

昨日は鶴間熊野神社に初詣に行ってきました。昨年の住居表示変更でもはや鶴間ではなく南町田4丁目という人工的な地名になってしまいましたが、神社の方は年々参拝客が増えている気がします。 この辺りにはマンションや宅地造成が続いており、人口が増えてい…

グランベリーモールの最後の元日

南町田駅前のグランベリーモールは元日も営業していました。写真にもあるように2月12日を最後に全面的な改修に入ります。約2年の間、ほぼ全機能を停止し、大規模な改修をします。建物のみならず区画整理も含む改修ということです。この時期にどうして大規…

本年もよろしくお願いします

2017年が始まりました。私のような年齢になると意識して新年の区切りをつけていかないとたちまちのうちに時間の流れに飲まれてしまいます。今年も挑戦者のつもりで新しいことに挑んでいこうと思っています。 仕事の方では国語教育の在り方を考えること。それ…

大晦

今年も今日で終わりです。個人的にこの一年は悲しいこともあり、またつらいこともたくさんありました。また、新しく始めた仕事もあり、それに慣れずに振り回されたこともありました。加齢による体調の異変も少しずつ感じるようになり、それに対抗するための…

イルミネーション

この季節はどこでもイルミネーションが見られます。昨夜は横浜・みなとみらいの横浜美術館とマークイズの間にあるものを観てきました。 近隣の高層ビルも含めてイルミネーションになっているというのがここの特徴です。そして足元の歩道の下にも照明が仕組ま…