はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

国民新党の存在価値

 亀井氏が大臣を辞任したとのこと。連立は維持するとのことですが、これで国民新党の役割はほぼ終了してしまいました。優勢民営化に対する抵抗勢力として成立し、それを具現することを党是とする以上、なんとしても内閣に残り、影響力を発揮すべきでした。支持者の数だけみれば、圧倒的に少数の政党から大臣を出す奇蹟は大変貴重なものだったはずです。

 上記を記した後、後任に自見庄三郎氏(国民新党幹事長、元郵政相)がついたことが報道されました。これで閣内に残ったことになります。亀井氏は信念は別として大臣にふさわしい人物であったかというと疑問がありました。むしろこれからは論客として活躍してほしいと思います。

広告を非表示にする