はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

責任問題どころではない

 民主党の参院選敗北をうけて党内で執行部の交代を求める声があるといいます。でも、今回の敗北の原因が選挙対策の甘さにあったとはおそらくほとんどの人は考えていません。
 民主党は理想主義的な政策を掲げ、そのいくつかに挫折しました。鳩山氏、小沢氏の献金疑惑は言行の不一致を印象づけましたし、首相辞任は自民党となんの違いもないことを示しました。
 菅首相の消費税論議も選挙結果に影響を与えたのは間違いありません。私は民主党が消費税という現実的な税収に目を向けたことを評価していますが、所得による課税制限など実現困難な話が出た時点でこれも理想論の中に埋没する可能性があります。
 いまは選挙の責任問題などにとらわれている余裕はないのではありませんか。国民を納得させられるリーダーシップを発揮してほしいものです。さもなければ国政は迷走状態になってしまいます。

広告を非表示にする