はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

鳥は恐竜の末裔

 先日、NHKで放送された科学番組で哺乳類がいかにして繁栄を勝ち取ったかについて、コンピューターグラフィックを利用して分かりやすく説明されていたのを見ました。恐竜時代の哺乳類はネズミのような形をして、夜行性の弱く小さな動物だったとのことです。
 有名な隕石落下説によれば、気候の急激な変動によって恐竜時代はおわり、哺乳類は繁栄の糸口を掴みます。しかし、そこに立ちはだかるのが猛禽類のような鳥の先祖だったようです。鳥類は恐竜の一部が抱卵の習性を獲得して進化したもので、本来卵を温めるために生まれた羽毛により、飛行の能力を獲得したというのです。
 その痕跡は鳥の足の形にあるそうです。たしかにそう言われればニワトリの足は恐竜に似ています。
 進化とはとても不思議なものです。命の形が変化するとはなんとも奇妙です。

広告を非表示にする