はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

図鑑の楽しさ

 子どもの頃、よくいろいろな図鑑を見ました。とくに小学館のシリーズは私の知識の減点とも言えるものです。いまでもよく覚えているのは魚貝の図鑑です。これは父が釣りが好きで私をよく連れて行ったこととも関係するのですが、しばしば見ていました。
 この図鑑の面白いのはいちいちの項目の最後に「食」(実際はまるで囲んでいました)という字があり、これは食べられるというマークがついていたのです。さんまやいわしならともかく、金魚のような魚にまで「食」がついていたのには驚きました。
 懐かしい思い出です。

広告を非表示にする