はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

高岡のちゃんぽん

 富山県高岡市の高岡駅にはちょっとかわった「ちゃんぽん」があります。これは、有名な長崎のちゃんぽんとは全く別物です。
 ちゃんぽんとは異種のものを混ぜて一緒にするといった意味があります。高岡駅の待合室にあるそばやのちゃんぽんとは一つの丼にそばとうどんが同居しているのです。これこそ究極のコラボレーションです。まさにちゃんぽんそのものといえるでしょう。
 富山県は関東と関西の文化圏のぶつかりあう位置にあります。その意味では異種の文化が融合した象徴とも言うことができるでしょう。
 富山県はしばしば日本の縮図とも言われますが、このちゃんぽんを見るとそんな気が強くなります。
 ただし、富山県民がそばとうどんを一緒に食べることはめったにないらしく、またこの店のことも知られていないようです。私が以前富山に住んでいたときに周囲の人にこの話をしたら、ほとんどの人は信じませんでした。でも、うそではありません。今月始めに確認したところ、確かにまだメニューの中にありました。

広告を非表示にする