はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

日韓併合100年の今

 日韓併合から1世紀経ち、日本と韓国の関係はさまざまな面で変化を遂げています。今日本のテレビで韓国語のドラマがない曜日は一日もありません。だれもが韓国人のタレントや歌手の名前を数人上げることができます。野球やサッカーなどのスポーツ選手もまたしかりです。
 一方で、韓国人の日本に対する感情が非常に複雑であること、日本に在住する韓国人、朝鮮人の方々への処遇に関してさまざまな議論があることなど、政治経済面では未解決の部分があまりにも多くあります。
 いま在日の歴史に関する本を読んでいます。その歴史はかなり複雑であり、一言で言い表せないものがあります。しかし、多くの人が日韓併合とそれにともなう人々の足跡に関心を持たなければ、問題の根本的な解決は望めないでしょう。
 一ついえるのは、占領という歴史は、人々にさまざまな傷を与え、それは深く長く癒えないものであるということです。

広告を非表示にする