はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

文字コミュニケーション

 国際的にみれば日本人は寡黙な民族と考えられることが多いようです。しかし、これは口頭表現の場合であって、文字を使ったコミュニケーションの場合は様子が一変します。
 例えばある統計によれば、日本語で書かれているblogの数は、英語で書かれているものの数と同等かそれをしのぐといいます。これは何を意味するのでしょうか。
 いろいろな理由はあると思いますが、その一つが日本語の性格にあると思います。日本語は書いて初めて理解できる言語であり、文字コミュニケーションにはかなり優れた適性をもっています。逆に口頭表現には不利な要素が多いのです。
 もちろん、これだけが理由ではありませんが大きな要因だと思います。

広告を非表示にする