はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

大切な教え

 最近はどんなものにもハウツー本があり、それに従ってある程度の努力を重ねれば一応形にはなるようになっています。しかし、そういったにわか知識は短期的な記憶にしかならず、身につきません。
 祖母は妻に興味深い話をしたそうです。ある日、妻が裁縫の仕方を習おうとしました。ところが、簡単には教えてくれない。例えば服を作るなら、型紙が必要だが、型紙はどこかで売っている本にあったとしても、それが自分に合うか分からない。ならば、着古して処分を考えている服を分解して、その構造を実見すべきだというのです。
 この話はものづくりの奥義として銘記したいと思います。安易にマニュアルに頼らず、地道に技能を獲得することこそ、確実な方法なのです。

広告を非表示にする