はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

食糧自給の基本

 野田首相がTPP参加の意向を表明しました。工業製品の関税がなくなれば、現在きわめて不利な条件で他国と競争している貿易にとって有利に働くという予測が出ています。しかし、農業分野では深刻な打撃をうけることは確実です。
 食糧自給ということは真剣に考えなくてはなりません。大震災の時、もっとも懸念されたのは食糧確保の問題でした。多くの市民が買いだめをし、軽度のパニック状況になったことを思えば、国レベルでなにかがあった場合の混乱は計り知れません。日本の農政は内向きに進んでいたため、対外的な政策がほとんど機能していません。何があっても自分の食べるものは自分で用意することが基本中の基本です。
 国際社会のなかで生き残ることが大事だという発言は一見もっともらしいですが、足元を固めずに海外ばかりを気にしているのでは危ういとしか言いようがありません。

広告を非表示にする