はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

柔道の今後

 オリンピック男子柔道に優勝者が出なかったことにさまざまな意見があるようです。私は特にこだわりはありません。メダルを取ることだけを目指すのなら、別のあり方があるはずですが、私はあえて原理主義にこだわりたい。
 柔道は技をかけることに意味がある競技です。技をかけるためには組み手が必要で、相手が嫌う組み手をとった瞬間に技をかけるそれしか柔道の醍醐味はありません。しかし、現在の国際柔道は組まずに押してくるのが主体で、押し込まれるうちに反則を取られるのが一般的になっています。これでは技をかけることの意味は軽くなってしまいます。
 私が日本選手に期待することは、勝ち負けではありません。いかに技をかけることの美しさを追求したかを見せてほしいことに尽きます。相手の考えかたとかみ合わずに負けることもあるかもしれない。それはそれで私はいいと感じます。
柔道はもともとオリンピックには馴染まない競技だったと思いますが、現状をかんがみるといかに日本らしい柔道を世界に発信し続けられるかということにあるのではないでしょうか。

広告を非表示にする