はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

柔道はメダルよりも大切なものをめざせ

 日本男子柔道に金メダリストがでなかったことについて様々な意見があるようですが、私はメダルにこだわる必要は全くないと思います。柔道の本質は柔よく剛を征すること。小さなものが技をかけて大きなものを投げ飛ばすことです。
 現在の柔道は残念ながらそういう理想とは遠い。少しでも力のあるものが弱きものを押し倒すことにより勝敗が決まります。これでは柔道の存在価値自体が危うい。日本は国技として柔道を考える以上はあくまで理想を追ってほしいです。力の強いものに対していかに組み手をとるのか。そこからいかに技にはいるのか。その追求をしてほしい。きっとこんなことをやっていたらいつまでも国際大会では勝てないかもしれないけれど、それでも本当の柔道の魅力を追求する姿は評価したいと思います。
 世の中すべてが国際水準を要求し、それが正義のようにいってはばからない人が多いですが、独自の道を失ったものはその存在自体を失うのではないでしょうか。
 日本の柔道は金メダルをとるための種目ではなく、世界に挑戦する競技になってほしいと思います。

広告を非表示にする