はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

情報の差

 竹島(独島)の領有権をめぐる日韓の報道を比べてみるとほとんど共通点がないといっていいほど情報が異なっています。自国を有利にしたいと思う気持ちや、読者受けのする内容を書かねばならないという商業主義が働くのは当然なのですが、あまりにも乖離しているのは驚くべきことです。
 両方を見比べる機会は余りありません。韓国語のニュースが読めない場合は「東亜日報」などの日本語サイトをみるのも手です。そこで得られる内容は日本もマスコミにはまったく取り上げられていませんし、韓国メディアの日本情報もかなり偏ったものです。
 こうした情報の差を理解することがこの種の国際問題を解決する第一歩なのでしょう。それぞれの国民が自国に有利な報道だけに接して意見を形成している現状では反目する度合いがますます大きくなるだけだと思います。

広告を非表示にする