はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

挑発に負けるな

 東シナ海尖閣諸島をめぐるトラブルが相次いでいます。今回は中国側艦船が自衛隊の護衛艦をロックオンしたことが報道されています。ミサイルを発射することを前提とした行動であり、その意味はかなり重大です。

 しかし、よく考えてみると中国側の目的はこの地に領土紛争があるということを世界に知らしめることが目的であり、交戦を目的にしていないことは明らかです。日本側がそれに応じて報復措置をとれば、紛争の存在の証明をしてしまうようなものです。ここは慎重になっていただきたい。

 今回の措置でアメリカも中国の行動にコメントせざるを得なくなり、中国はかなり不利になりました。これまで積み上げてきた中国が一方的な被害者であるという宣伝作戦はその効果を激減させてしまったのです。中国側が大胆な行為に出るほど、国際的には不利な立場に追い込まれることになります。中国首脳陣もそのことを知らないわけがありません。

 領土問題では実効支配側は無視すること、領土要求側は騒ぎ立てることが鉄則で、戦争をしない限り実効支配側が有利ということになります。

 ただ、実際に前線にいる自衛官や海上保安官のみなさんのことを思うと心が痛みます。挑発を受けながら何もできず、ただ領海をまもるだけという任務は想像以上に精神を使うと思います。安楽椅子で指図するだけの人たちは、もちろん私も含めて、現場の人の苦労をもっと考えるべきでしょう。そして、応援したい。国のために挑発に負けず、国の誇りを守って欲しいと。

広告を非表示にする