はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

動く証拠

 動かぬ証拠もあれば動く証拠もあります。隕石落下の様子を撮影したドライブレコーダーの本当の目的は、自動車事故に巻き込まれた際の証拠影像の撮影用に積載されたものでした。

 YouTubeドライブレコーダーを検索すると危険運転の影像が次々に出てくるではないですか。もちろんナンバープレートや車種、そして撮影時間などで誰がどこを運転していた時のものなのかは明らかです。この事実を知れば危険運転をする人の数は減るのではないでしょうか。

 そういえば、先日のPC遠隔操作事件の犯人も監視カメラが大きな証拠になったらしいです。私の通勤する道にも警視庁の防犯監視カメラが設置されているところがあります。いつも誰かに監視されている社会というのは恐ろしい気もします。かつてはSFの世界の出来事と思われたことが、すでに実現しているのです。行き過ぎはいけませんが、人倫にもとる行為を防ぐ抑止力になる分には効果を期待します。

広告を非表示にする