はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

 野球の日本代表をサムライと呼ぶのはどうしてなのでしょうか。サムライは日本のシンボルとしてふさわしいからなのでしょうか。侍という漢字が宛てられていることからも分かるように、この言葉は貴人に近侍するという意味を源にします。つまり、組織のために働き、場合によっては生命も賭す存在なのです。封建社会にとっては社会の流動化を阻止する番人の役割を果たしました。

 いま、サムライが賛美されるのは他人のために献身的に働く姿ゆえなのでしょう。思いやりと自己犠牲の精神こそ、資本主義の限界が見え始めている現在に必要な資質なのかもしれません。

 全体主義への逸脱を注意しながら、よい意味でのサムライ精神は再評価するべきではないでしょうか。

広告を非表示にする