はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

退職教員による生活塾

 教育上の諸問題の解決策として、基本的な生活能力や学習習慣を教える生活塾のようなものの可能性を考えています。学習塾のように学力に特化せず、過度な競争を煽ることもない生きる力を磨くための塾です。共稼ぎ、一人っ子が一般的になった昨今、本来ならば親が行うべきしつけや社会性の育成を肩代わりするサービスです。

 ただ、第2の学校になってしまっては子供の負担が増えるだけで、意味がありません。設置基準や保障の制度など、解決すべき点はあります。人材だけはめどがたちます。教員経験者の中から志ある者を選べばある程度の質は保てます。さらに子育てを終えた主婦などの労働力は確保できそうです。

 寂しい少年期を解消すれば活力ある若い日本人が復活するのではないでしょうか。

広告を非表示にする