はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

テロを許すな

 ボストンマラソンのゴール地点で起きた爆破事件はそもそも何を目的としたものか分からず、対象も無差別という最悪のものです。こうした暴力行為はなんにしても許されるものではないですが、目的も対象も告知せずにただ社会的な不安を引き起こすだけのテロリズムは絶対に許されてはなりません。

 今回の対象が庶民の楽しみの対象である市民マラソンに向けられたのも残念です。マラソンランナーは走るために無防備になっているものです。それを承知で犯行に及んだことは絶対に許せません。ロードマラソンというイベント自体が街の平和と市民の協力に依存したものであるのですが、それがうまくできないということにはさまざまな問題点が生じます。今後の運営にもいろいろな課題ができました。

広告を非表示にする