はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

読書感想は自己表現の手段

 ある読書体験のエッセイを読んでいて改めて読書感想を書くこととは自己表現の手段なのだと実感しています。読書感想文というとその本のあらすじを書いたり、ストーリー展開をそのままなぞったりするだけで終わらせてしまうものが多いのですが、実はそれでは不十分なのです。作品の世界をどれだけ自分にひきつけ、自分の経験や自分のものの考え方にひきつけて語れるかが大切だと思うのです。だから、最終的にはその本のことを語らなくてもいいというのは極論ですが、感想文とは読書に触発された自己発見や新しいものの見方の獲得の体験を語るべきものだと思うのです。

広告を非表示にする