はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

電子書籍のディスカウント商法

  私はしばしば電子書籍を購入しています。データだけの本に金を払うことにははじめはかなりの抵抗があったのですが、蔵書のための空間が全くない私にとってすべてが端末に収まる簡便さが魅力的なのです。複数の端末で購入した本を共有できるのも便利です。
  ところで、最近電子書籍のディスカウントが盛んに行われています。楽天はほぼ毎週ありますし、私がもっともよく利用しているBookliveも割引きやポイント還元があります。ソニーも割引きクーポンを乱発していますが、はたして収益性はいかがなものなのでしょうか。
  紙の本と同価格なのには抵抗がありますが、あまりに値引きばかりすると事業そのものが続けられなくなるのではと危惧するのです。
  気がついたら国内の業者が全滅していたということにならないことを願います。
広告を非表示にする