はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

万年筆の魅力

  このブログもそうですが、仕事でも最近は文字をキーボードで打つことが大半です。しかし、私のような仕事ではテストの採点や作文の添削があるのでペンで字を書く機会がまだたくさんあります。

  私の場合、授業のノートや構想メモの類いはフリクションという消せるペン、採点は軸が細く長いデスクペン、手紙文書などは万年筆を使っています。かつてはモンブランばかりでしたが、最近は30年前に親から買ってもらった太めのペンと、最近買ったエラボーといずれもパイロット製を使っています。縦書きが多い私には国産の方がいいと勝手に思っているのです。
  万年筆は書くことへの拘りが形になったようなものです。100円のペンでも書けることをその100倍以上の万年筆で書くことにはそれなりの思いがあります。私の場合、それこそが大事だと思うのです。
広告を非表示にする