はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

最先端へのサポートを

 STAP細胞の発見に関する論文をめぐって、データ捏造の疑いがあるという調査委員会の報告があったことが世間を騒がせています。この研究の中心人物がわが国の科学の世界ではこれまであまり例がなかった若い女性研究者であることから、日本の科学研究の可能性を感じていただけに、とても残念な気がしています。

 昨日、研究者側から不正の指摘に対する不服の申し立てがあったとのことです。事の真相は専門家でないとわかりません。ただ、こうした最先端の研究に関しては、助言や具体的な支援などを通して研究の精度をたかめるサポートをしておくべきではなかったかと思うのです。

 わが国にとって最先端技術への関与は大変重要であり、一研究者の個人的実績にとどまらない価値を有します。若い研究者がその才能と努力を遺憾なく発揮できるように、今回のような不正疑惑が起こらないような未然の策の立て方などを助言する立場の存在が必要のように思えてなりません。

広告を非表示にする