読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

答えさせたい答え

  国語の大学入試問題の注を見ると出題者の苦労が伺えることがあります。なぜなら、注は本来なくてもよいはずのものなのに、敢えて付けているからです。極端なことをいえば、期待する解答を導くためにはこれをこのような意味でとってほしいという出題者の願望なのです。大学入試問題の国語の、特に古典分野の注はほとんどが設問の解答に深く関連します。その意味において、問題を解く際にはまず注から読むというのは当然の方法なのです。
広告を非表示にする