はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

投票率最悪

  衆議院選挙は予測通り自民党の圧勝でした。政局の混乱を望まない国民の意見を反映したものと言いたいところなのですが、そうもいかないのが驚くべき投票率の低さです。
 52パーセント程度と言われる今回の投票率有権者の半数は投票しなかったことを意味します。極論すれば、今回は民意を測り得ていない選挙と言えます。出来レースと誰もが分かっていた今回の選挙ですのである程度は低下するとは思っていたのですが、ここまでとは。
  政治についてもう少し関心を持たなければ何も変わりません。現状に満足していてもそれを示さなければならないと思います。少なくともいまの日本は誰かに乗っ取られる可能性を秘めているとは言えそうです。
広告を非表示にする