はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

仕事納め

  年内の勤務は今日までです。今年もいろいろなことがありましたが、一つの区切れがくることは確かです。古人がこの時期に時間的な境界を設置したのは恐らく偶然に違いないでしょうが、結果的には厳しい冬を二分して、再生や再起の気風を人工的に起こすしくみになっているのです。
  正月がなぜめでたいのかという素朴な疑問をぶつけられたなら私はいつも次のように答えています。今がめでたいのではない。めでたい状態を現出させたいから、とりあえず祝福してしまうのだと。そう言っているうちに本当の幸福が来るのだと。
  おめでたい正月を迎える前に今日もまだやることがあります。とりあえず、今日の労働に祝福を。
広告を非表示にする