はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

過剰な期待は危険

  ドアにベビーカーが挟まれたまま発車した電車がそのまま走行したというニュースがありました。ベビーカーは大破したようですが誰も乗っていなかったために惨事からは免れたとのことです。
  詳しい情報がないのでわからないことが多いのですが、少なくともドアが完全にしまっていなくても車掌や運転士に警告は出ないということだけは分かりました。恐らく多くの人はドアが閉まらなければ自動車のようにランプが光り発車できないと思っているのではないでしょうか。それはどうも過剰な期待だったようです。
  東京の朝夕のラッシュ時などはほとんど視界がきかない中でのドア操作であり、閑散時間は駅員がほとんどいないホームもあります。ドアに仕込まれた安全装置が不完全なものであることを私たちは再認識しなければなりません。
広告を非表示にする