はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

目線

  目を見て話せとはよく言われますが、相手によってはそれもやりにくいことがあります。また、相手が多数の場合はどう目を配ったらいいのか分からなくなります。
  自分の視線がどのように捉えられているのかを考える必要があります。そのためには、信頼のおける相手とともに次の実験をしてみるべきでしょう。
  向き合ってまず相手の目をみます。相手には視線を感じたら手を挙げてもらうようにします。外れたら下げてもらいます。その上で相手の目から目を少しずつずらしていき、相手の手が下がる場所を確かめます。
  距離を変えると相手の反応も変わっていくのでこれらを十分にやっておくといいと思います。
広告を非表示にする