はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

化石の実

 職場の庭にメタセコイヤの大木があります。先日その下を通ったらその実が散乱していました。松ぼっくりに似た形なのですが、数センチしかなく長い軸があるのが特徴です。調べてみると秋に結実するようです。先日の強い風でそれまで樹上に残っていたのが振り落とされたのかもしれません。

 針葉樹のような葉の形をしながら、紅葉し、そして落葉するいろいろな意味でユニークな樹木です。古い地層の中にも化石となって発見されることから、「生きている化石」ともいわれることもあります。すると、この実は化石の実ということになります。

 過去と未来を象徴することばが結びつく不思議な感覚があります。

広告を非表示にする