はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

バレーボールとICT

 バレーボールの国際大会で選手交代をタブレット端末から行うことが前提になっていたというニュースを聞いて驚いています。日本女子チームに敗れたタイの敗因の一つに端末の不具合、もしくは操作ミスがあったと報じられていますが、果たして現段階でのタブレットを試合の勝敗にかかわる場面で使うのはいかがなものでしょうか。

 スポーツは人間同士のルールを決めた戦いであり、そこに様々な道具を持ち込むのはあくまでも人間の身体の延長としてのものです。どうしてもタブレットで行わなくてはならないものなのでしょうか。そして、それが選手の打ち込むアタックやそれを必死で防ぐレシーバーたちの努力と等価値のものなのでしょうか。

 私はかなり疑問に思います。ICTはあくまでも補助でなくてはならないのに、その操作が勝敗というスポーツの根幹に直結するのはおかしいと思います。バレーボールは再三のルール変更でなんとか人気を保っている種目かもしれません。しかし、本質以外の面での変更はかえってスポーツとしての魅力を減退させると思うのですが。

広告を非表示にする