はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

上野駅

  啄木の

 
ふるさとの訛なつかし
停車場の人ごみの中に
そを聴きにゆく
 
 を扱った時に、ここがどこの駅かを答えられる中学生は少ないことに気づきました。啄木のふるさとは岩手県だといってもヒントにはならないようでした。
  それもそのはず、今の北海道、東北新幹線は東京駅発です。在来線の特急の存在感がなくなって行くなかで上野の存在感は一部地域の人を除き薄くなっているのです。
  東北への発着点が上野駅だったことを説明すると、それ聞いたことがあるという生徒が出ました。そして「上野発の夜行列車降りた時から青森駅は雪の中」という歌があるというのです。石川さゆりさんにはもう少し頑張ってこの歌を歌い続けていただく必要がありそうです。
広告を非表示にする