はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

自分流の授業

 いろいろな場面で規格化や画一化が進んでくると、それに物足りなさや、非人間性を感じてしまいます。教育現場でも、成果重視のあまり、教師の経験や個性をないがしろにする機会が増えてきた気がします。
 確かに教育の技術は共有され、洗練される必要がありますが、目的のすり合わせさえできれば、どの道を通っても構わないはずです。
 新しい教育観に沿った授業を目指すとこれまで以上に教師の個の力が重視されます。自分流を貫く勇気が必要になると思うのです。

広告を非表示にする