はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

基礎研究の大切さ

 大隅良典氏のノーベル賞受賞のニュースが連日報道されています。インタビューをお聞きする限り、学者一筋でいらっしゃったことがうかがえる謙虚な人柄を感じました。あなたの研究が医学の進歩にどのように貢献しているのですか、といった内容の質問に対して、今はまだ具体的な何かに貢献している訳ではないと述べられた上で、将来研究の成果が何かの役に立つかもしれないことは確信していると答えていらっしゃいました。

 基礎研究は時間がかかり、その成果が必ずしもすぐには分からない。場合によっては成果を実感できないこともある。そういう分野への助成が削減されつつあります。文系分野はさらにそれが顕著なのが実情です。

 学問を文化として認めることができる日本であってほしいとおっしゃる大隅博士のお言葉を大切にすべきではないでしょうか。

広告を非表示にする