はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

本音の代弁者

 アメリカ大統領選挙が近づいてきましたが、共和党候補のトランプ氏の迷走はどこまで続くのでしょうか。暴言で相手を引き付ける手法はこの時期にはもう向かないらしく、支持率は低迷しています。

 トランプ氏の発言は傍目から見るとまったくリーダーとしての資質を満たしてないように思えるのですが、それでも一定の支持者がいるのは彼に存在意義を感じる人がいることを意味します。強いアメリカを取り戻したいという彼の持論は、世界の盟主としての立場を放棄して、他国と同等レベルで競い合い勝ちたいと言っていることになります。

 よく考えて見ればいろいろな問題があるのですが、トランプ氏が私たちにとって益するとしたら、それはアメリカの本音を教えてくれていることでしょう。本当は日本なんてどうでもいいんだ。アメリカ政府は他国へのサービスをやめて、自国民のためだけに働けばいい。

 その本音がなによりも重いものであることを見事に教えてくれているのです。最終的にどのくらいの人が彼を支持するのかについて注目していこうと思います。

広告を非表示にする