読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

呼びかけ

 私たちはつい自分が今どこにいるのかを忘れてしまいます。たとえ正気を保っているように思っても、いつの間にか分からなくなってしまうようなのです。そんな時のために互いに呼びかけることが大切になります。

 認知症の話ではありません。ごく普通の生活を送っている人でもこの「前後不覚」はおきます。大抵は気づかなくても、ある時急に自分の居場所が分からなくなるのです。そしてその迷いや不安が悲劇につながることもあります。

 自分の位置を確かめる尺度はなかなか見つかりません。ある座標軸を設定すると、たちまちその例外の存在に気づいてしまいます。地図のようなものはないようです。

 結局頼りになるのは、周囲の存在との関係ということになります。互いに相手の存在を確認しあうしか方法がないのかもしれません。

広告を非表示にする