読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

ぶりおこし

 魚津に住んでいた頃、この時期には激しい雷鳴に驚く日がありました。富山湾の海上にかかる暗雲から間歇的に稲妻が光り、轟音が鳴り響きます。

 古い土地の言葉で鰤起こしと言われる冬の稲妻は天然鰤の漁期の訪れを告げる風物詩でもありました。今はもう幻想のように感じてしまう記憶です。

 雷鳴の後の雪。鮮烈な思い出。

広告を非表示にする