はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

恵方巻

 行事を制する者は成功する。商機は様々なところにあるといいますが、恒例行事の中に食い込むことができれば、しばらくは安定した機会を設けることができます。私が子供のころには父の日はそれほど知られていませんでしたし、ホワイトデーは存在しませんでした。いまはそのどちらもが財布のひもを緩めるきっかけになっています。

 今日は節分です。この日に恵方と呼ばれる方角を向き、太巻きずしを切らずに食べると幸運に恵まれるといういわゆる恵方巻の習慣も実はつい最近始まったことです。もともとは関西のごく一部で行われていた習慣であり、その起源も明らかではないものです。それがあたかも日本の伝統行事のように喧伝され、行為自体の面白さもあって全国に広まっています。その宣伝媒体がコンビニエンスストアであることも現代らしい。

 巻きずしはいつでも売っており、変哲もない日常食ですが、行事に乗っかることでビジネスチャンスは生まれたわけです。一企業だけが利益を得たのではないところがよいかもしれません。しかも寿司製造業のみならず、関連商品にも波及していると聞きます。巻きずし型ロールケーキはまるかぶりには向かないと思いますが。

 そういえば七五三も土用の鰻も同様に行事参入型の成功例だとか。祝日の数が世界でも最大級に多い我が国ですが、アイディア次第ではまだ何かがあるはず。とりあえず恵方を向いて考えてみますか。

お題「恵方巻」

広告を非表示にする