読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

他所でよかった

 今村復興相が自身の発言内容の不適切さを理由に辞任しました。東北が震災の被災地になったことを首都圏で起きるよりもまだよかったという内容の発言が、被災地に対する無配慮であり差別であるとの指摘に耐えられなかったのです。この大臣はほかにも失言、訂正、謝罪の例があり、政治家としての資質が足りなかったという批判もあります。

 この発言は動画としても公開されており、東北地方を貶める趣旨で述べられたものではないことは確認できます。しかし、結論はどうであれ、現に多くの被害者を出した大震災に対する発言としては明らかに不適当です。

 他所でよかったという発言の真相には、災害はどこでも起こりうるという深層心理があるからといえます。微細な地震も含めれば全国各地で毎日起きており、東北の地震はその一つにすぎません。それだからこそ、他地域のことは他人ごとではなく、己のことととして考えるべきなのです。

 自分の関係する世界を小さくまとめ、他を別の空間のように考えるのは日本人の困った習慣です。今村さんの失言の背景にもこれがあると考えます。ダメな政治家だけの話にとどまらないことが今回の件の恐ろしいところだと思うのです。

広告を非表示にする