読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

直接選挙

 主要国の大統領選挙が相次いでいます。アメリカ合衆国、フランスそして今日は韓国でも選挙があります。一国のリーダーを有権者が直接選ぶ制度は我が国にはなく、一種の羨望を感じます。ただ、アメリカ大統領のように制度上の問題や、一般国民が必ずしも正しい判断ができるのかという疑問も同時に感じさせてくれました。

 アメリカでもフランスでも一部の有権者に選びたくてもふさわしい人物がいないという声が報道されました。一人の候補を選ぶということは様々な要素のうちの大半を切り捨て、自分の思いに近い人物を選ぶことになります。よく考えてみればこれは結構な賭けであり、危うさを感じるものです。

 もっとも日本のような議院内閣制に慣れているからこそ、こういう風に思うのかもしれません。首相公選制なるものが仮にできたとしたら、私はどうやって代表を選ぶのか、選ぶことができるのだろうかと考えています。

広告を非表示にする