はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

看板掛け替え

 近隣のサークルKが休業し、ファミリーマートへの業態変更のための改装が進んでいます。同様の風景は各地で見られており、サークルKサンクスが消滅する日が近づいているようです。

 新しい店ができることには、通常何らかの期待感が起きるものですが、コンビニチェーンの一店舗として個性のようなものはあり得ません。どこにでもあるようなものができるだけです。グループとしての共通サービスの利便性を享受する以外のことは望んではいけないのでしょう。

 せめて店員の応対が丁寧で心がこもっているといったことでもあればとわずかに期待するのです。もっともバイト店員がマニュアルに従って、機械のような挨拶をすることになるのは明らかなのですが。

 思えばつい最近までの曖昧な業態は個性的でした。

f:id:letswalk:20170620222944j:plain

 

広告を非表示にする