はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

学外活動への評価方法を

 学外活動の評価を積極的に行うことが学校を変えるかもしれません。また、学校のみならず地域社会のあり方をも変える可能性もあります。

 現在、中高生の一日はその大半を学校で過ごしています。部活動に所属すると土日も含めてほぼ毎日学校に関わっています。その結果、生徒・教員のすべてが多忙になり、学校の本分である授業に集中できないという悪循環が発生しているのです。何でもすべて学校でという考え方がその根本にあります。

 部活動などの課外活動は思い切って学外団体へ任せてみてはいかがでしょうか。地域のスポーツクラブや文化サークルに希望する生徒を積極的に送り出して、そこでの活動も評価の対象にするのです。部活顧問とは異なり、専門家による指導が受けられるという利点もあります。

 生徒の安全の確保のため、活動する団体をどのように認定すればよいか。評価方法の統一化などの課題はありますが、やってみる価値はあると思います。

広告を非表示にする