はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

利他的に生きるとは

 ビジネス書や自己啓発の書籍を拾い読みしているのですが、その多くに成功するためには利他的に思考し行動するべきであると書かれていることに気づきました。他人の気持ちの分からない者はリーダーたり得ず、結果として事業も成功しないという訳です。至極真っ当な論理です。

 でも、よく考えてみれば、他人のことを慮ることができる立場、環境にあること自体が恵まれた状況にあるのだとも考えられます。明日をも知らぬ境遇では自分のことで精一杯でしょうし、過度な競争に晒されていれば自己本位にならざるを得ません。

 エリートたるにはこうした現実に俯瞰的な立場を取り得る人物ということなのでしょう。それにはもともと恵まれた環境にあるか、よほど大局を見る力のある人物になる必要がある訳です。

 他者を思いやることが結局は己のためになるという、情けは人のためならず的な処世術を伝えることも教育の目的なのかもしれません。

広告を非表示にする