はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

国対抗競技でなくても

 オリンピックの原則は国別対抗戦です。今回は北朝鮮のオリンピックの政治利用という批判もある中、スポーツの国別対抗という概念そのものを考え直すきっかけにもなるのではないでしょうか。

 スポーツがナショナリズムを刺激し、国民の発揚に寄与するという側面は確かにあると思います。特に発展途上国や政権の不安的においては国際試合での好成績が国民にもたらす好影響があります。自国選手の活躍で「自分も同じ国に生まれてよかった」という感想が出るのは、そういう国・地域の人に多く見られます。

 日本にもそういう側面があり、オリンピック中継になると自国選手の成績ばかりを追い、競技そのものの動向が簡略されて報道されることがあります。あたかも日本人選手以外には関心がないかのような報道が多いのは確かです。

 一方で国代表というより、個人としての選手の演技・競技を見ようとする人が増えてきているのも確かです。その選手が勝利するのはその選手の運や努力の結果であり、敗戦もまた然り。第三者が口出しするべきものでもないとの見方もあることも事実です。日本人の活躍を喜びはするものの国籍は異なっても個人としての魅力のある選手に声援を送るという見方も以前に比べて増えてきているように思います。

 オリンピックが平和の祭典であり、スポーツを純粋にたのしむ世界の行事となるためには、国別対抗とか国旗掲揚・国歌演奏というセレモニーはもしかしたら不要なのかもしれません。

広告を非表示にする