はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

米の文化的な意味

 勤労感謝の日の起源の一つである新嘗祭はかつて天皇の行なう行事の中でも中核に当たる重要行事であったとされています。五穀を神霊にささげるというのが儀式の本質であったといわれますが、五穀のうちでも特に重視されたのが米です。もしそうであるならば米が日本の文化にとって重要なものであることを考えなくてはなりません。

 米を関税で保護することに関してはさまざまな議論があります。TPPに参加することを表明した以上、米の関税の撤廃にもいずれは何らかの譲歩が必要になるはずです。ただ他の食品と違い米にはわが国の文化的な本質にかかわる要素があるということだけは忘れてはならないと思います。

 今でも多くの地方で行なわれている祭礼や、さまざまな民間伝承と米との関連を調べてみれば、米食が単なる穀物の一品目ではないことが誰にでも分かると思います。