はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

コンクリートは朽ち果てる

 イタリアのジェノバの高架橋モランディの大規模な崩落は映像だけでも恐ろしさを十分に感じさせるものでした。1963年に着工し、67年に竣工したというので築50年といったところです。50年という人生のスパンにも満たない期間で崩れ落ちてしまった現実はなにもイタリアだけの問題ではありません。

 架橋の崩落事故は世界各地で繰り返されてきました。London Bridge is broken downは歌詞として有名ですが、実際にロンドンの橋が崩れたのはかなり昔のことだったようです。日本では江戸時代、1807年の永代橋の崩落は有名です。近年でも1940年のアメリカのTacoma Narrows Bridgeの崩落や、中国での高架橋崩落など世界各国で起きています。

 設計ミスや天災による崩壊も恐ろしいですが、何もなくても老朽化によって瓦解するという事実により恐怖を感じます。コンクリートの寿命は長いものと考えられがちですが、人間の一生にも満たないというのが現実です。それを持たせるには絶えずメンテナンスが必要なようです。

 都市に建てられ、今も増殖し続けているたくさんの建築物は劣化する運命を抱え持っているものばかりです。いま高度経済成長期に作られた建造物の大半に老朽の黄信号もしくは赤信号が灯っているようです。メンテナンスをする余裕とそれをなしうる技術者を確保しておかなくはレガシーは限りない負担へと変質してしまうことになるのです。

死に場所

 どのように自らの人生を終えるか。そこに美学を感じる感性があります。古典作品を読む限り、死に様に拘る伝統はかなりさかのぼるように感じます。死に際に関する興味は普遍的な要素なのかもしれません。私たちはいかに生まれるかを選ぶことはできません。それに比べればいかに死ぬかは個人の意志の及ぶ範囲があります。

 でもよく考えれば、死に方も不如意な面が多い。満足な死に方など存在しない。死に対する評価など誰にもできはしない。

 

火星の赤

 大接近は過ぎましたがまだ夜空の火星は赤く輝いています。赤と言っても凄みのある赤なので迫力を超えた何かが感じられます。かつて軍神と結び付けられ、また不吉な星として考えたれたのが今ならよくわかります。蠍座のアンタレスを遥かに凌ぐ赤がなんとも印象的です。

楽しむために

 いささかの趣味というものがあります。下手なギターを弾くこともその一つなのですが、これができるのは指が動くという当たり前のことが可能であるからこそです。もし、指が動かなくなったらと思うと趣味を楽しめるもの期限付きであることが意識されます。

 それならばいろいろな趣味を持った方がいいということになります。万が一、何か障害がおきても、それに応じて趣味の領域を変えていけるような柔軟性が必要であると思うのです。

 これからの人生において何が起こるかわからない環境の中で、私はいろいろなことを考え始めています。しかし、生活の困難さよりも、先に趣味のことを考えてしまうところにまだ余裕があるのかもしれません。

子どもと遊ぶ

 近くの公園に行ったら小学2年生くらいの男の子たちが一緒に遊ぼうと言って駆け寄ってきました。拒む暇も与えないような迫力があったのでおじさんと小学生の遊びが始まりました。フリスビーのような円盤を投げる遊びやキャッチボールなどで30分くらい走りまわりました。

 教員の私でも小学生のあっさりとして情熱的な人間関係は新鮮です。出会って1分以内で心を開ける開放的で寛容な人間関係をどうして大人は実行できないのか。そんな反省さえしてしまいました。

 少年たちの心の中には私の存在は恐らく残らないでしょうが、私にとってはここ数十年の曇りを晴らす出来事でした。

クラブスポーツ化

 高校野球の試合を見ながら思うのは選手も大変だが、保護者や学校の苦労も大変だろうということです。学校単位の部活動は一体感が持ちやすいというよさがある反面、学校への負担が大きという問題があります。

 高校などのスポーツは地域のクラブチームがもっと受け持ってもいいのではないでしょうか。そのためにはそういう文化を培ってゆく必要があります。

 少子化の中で学校単位ではない部活動のあり方も模索してゆくべきだと考えています。

宇宙軍

 アメリカ大統領がSpace Force創設を訴えています。軍事力を宇宙空間にまでひろげているのはある意味現状でもそうなのだと思うのですが、それをより積極的に宇宙空間を支配したいという意欲が見て取れます。

 宇宙空間を支配することはスパイ行為やサイバー攻撃などの主導権を握ることになります。インターネットを超えるスペースネットを構築すれば一次元上の支配が得られるというのでしょう。

 宇宙空間に関しては進出できる技術力・経済力の差が大きく、超大国だけに独占されてしまうのが問題点です。日本は技術面でも国際上の立場性からも宇宙軍には参加できない。むしろ、宇宙空間は戦う場所ではなく技術を高め合う場所であることを発言しなくてはならない国であることは確かです。