はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

台風は通り過ぎて

 台風一過の青空は昨日までだったようで、今朝は薄曇りです。線路脇のすすきの穂が一段と高くなっていることに気づきました。プラタナスはすでに黄変し、桜紅葉も進んできています。10月もまもなく終わるのですから当然ということになります。穏やかな秋空が少ない今季ですが、日々の暮らしはせめて波立つことがありませんように。

野党の自滅

 台風の中の国政選挙は自民党の圧勝で終わりました。安倍総理をめぐるスキャンダルが相次ぎ、いわゆるアベノミクスの成果が表れてこないことや、改憲問題、消費税引き上げなど政権維持に不利な事案がそろっていたにもかかわらず、安定議席を確保しました。

 おそらく北朝鮮のミサイル攻撃への懸念や、数字上は安定している経済状況などから変化を好まない国民が、せめて現状以下にならないような選択をしたのでしょう。そして何よりもの幸運は野党の自滅でした。希望の党政権交代可能の政党のように発足しながら、小池百合子氏のリベラル派排除会見があっけなくその魅力を削いでしまいました。リベラルな議員は入れないということは自民党以上の極右政党であるというイメージを持たせてしまったのです。政党内でも足並みがそろわず、むしろ堂々とリベラル政党であると宣言した立憲民主党に野党第1党の地位を奪われてしまいました。もともと経験不足と理念の欠如、寄せ集めという感じが強かった野党が、希望の党の失敗によりその本質が一層露呈してしまったといえます。

 自民党の現在の方法はさまざまな困難を次世代に先送りするその場しのぎ的な方法です。このままでは深刻な国難がこの先訪れることは十分に予測できます。先を読むことができるリーダーの出現を待つしかないのでしょうか。

明朝はどうなるのだろう

 学校という職場は天候によって大きく影響を受けることがあります。私の勤務する学校は遠距離から通学する生徒が多いため、交通機関の運休はそのまま授業開始不可能につながってしまいます。今回は大型で強い台風が接近していますが、速度が速いため通過するタイミングによっては休講もしくは休校になってしまうことになります。学校でなければできない準備もあるので、それをどうするのかなどいろいろと考えなくてはなりません。できるだけ被害が少ないことを祈るばかりです。

イメージの域

 明日の衆議院選挙は台風の影響が懸念されています。悪天候になれば組織票と呼ばれるものが効力を発するはずで、浮動票に頼る候補にとっては不利な展開です。

 それよりもこれだけ様々な危機感が充満する現状にありながら政治家の演説に説得力がなく結果としてイメージ選挙の域に止まっていることが懸念されます。国難という刺激的な言葉で内政の膠着状態から目を反らそうとする与党と、実現可能性が明らかにない公約を並べ立てる野党という、期待感が持ちにくい選挙模様です。

 これでは荒天でなくても投票率が落ちるのは当たり前のような感があります。どうなってしまうのでしょうか。

分葱の冷凍保存

 常識の範疇だと思いますが、葱や分葱は冷凍保存してもあまり味覚が変わりません。特に分葱は買ってきてすぐに刻んで、シール可能な保存袋に入れて冷凍しておき、必要なだけ出して使えば風味が保たれます。特に味噌汁のような汁物には解凍せずそのまま入れることで味がとてもよくなります。安いときに買っておいて冷凍保存というのがよいということになります。

師走並み

 再び雨になり気温も急降下。今日は師走並みの寒さとか。さらには週末には台風が接近するようでなんとも荒れた天候になっています。体調を崩している人も多いようなので注意しなくては。いろいろとやることが山積しているので、病気になってはいられません。

ノックの要らないシャープペンシル

 ノックしなくても芯が繰り出されるシャープペンシルがよく売れていると聞きます。ぺんてるのオレンズのシリーズはその代表格であり、上位品のオレンズネロは全くノックしなくても芯が最後まで出てくるという触れ込みです。3,000円という強気の価格設定にも関わらず生産が追いつかず、ネット上では5,000円以上出さないと買えない人気商品になっています。

 それと同じ機能をもつオートのノノックというシャープペンシルを手に入れました。値段は500円です。芯の太さは標準的な0.5であり、オレンズのシリーズのようなシャープさはありません。またペン先がプラスチックなので高級感も今一歩、さらに特徴的な軸の形状は好き嫌いが分かれるもので、重心が高めにあるのがやや気になります。

 さて、肝心のノックなし筆記ですがこれは問題なくできます。普通のシャープペンより芯を出さないで書くので最初の方は違和感があるのですが、それに慣れてしまうととても便利です。オレンズネロは持っていないので比較はできません。書き味という点ではとても及ばないと思いますが、普段使いのペンならば十分でしょう。ノックのために思考が途切れることがないのがいい。シャープペンシルでたくさん字を書くという人にはおすすめします。ただし、細かい字を書くのには向きません。

 オートという会社は万年筆でも安価でユニークなものを作っており、私のような小遣いの少ない文具好きにとっては大変ありがたいメーカーです。