はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

月末

 今日で2月も終わりです。全く実感のないまま過ぎていく時間が空恐ろしい。万物は移り変わり、新しいものが始まっています。

建前の横行

 コロナウイルス感染症対策に関しては様々な手法が採られています。ただ、中には有効性が疑われるものもある。それでもやらないよりはましと考える向きがあるのです。対応しているという形を見せることが大事だというのが事実で、中にはそれを公言する人もいる。
 言うならば建前の壁をはりめぐらして本音の姿を隠しているようなものなのです。ソーシャルディスダンシングは人々の心のあり方をも変えてしまったようです。

昔の自分

 このブログも細々と続けてきました。実はメインと考えているのは別にあってこちらは補足的な役割になっています。自分でサイトを書いていた時代から、ブログという安易なサービスに乗り換えてからずっと続けていたので止められないでいるのです。

 ブログの過去の記事を読むと懐かしく思うとともに、今の自分とは別人の自分を発見することがあります。こんなことを考えていたのかと驚くのです。わずか数年前のことであるのにも関わらず、まったく見ず知らずの自分がいるかのようです。

 文章を残すということはとても興味深い。福岡伸一先生の動的平衡の考えをお借りするのなら、私は過去の私とは構成要素が異なるのかも知れないなどと考えてしまうのです。

年齢

 見た目の年齢についてはあまり関心がありませんでした。少し前までは実年齢より若く見られることが多かったのですが、最近は逆です。どちらがいいのかよくわかりません。それぞれいいことと悪いことがあります。

 見た目にふさわしい人格になりたいと考えます。