はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

教科書に載っている古典(7) 人面桃花

 博陵出身の崔護は、姿や資質はとても美しいものがあるが、孤独で清潔な生きざまのため大衆に迎合することがほとんどなかった。科挙の受験者として推薦されたが落第してしまった。先祖の墓参をする清明節の日、一人で都の南の地に赴くと人家にたどり着いた。小さな屋敷であって、花木が群がって生え、ひっそりとして人がいないかのようであった。護はしばらくその門を叩いてみた。

 すると一人の娘が門の隙間から覗いているのが見えた。そして、

「どなたですか」

と尋ねてくる。そこで護は名を名のり、

「春の陽気に誘われて一人歩き、酒を飲んで喉が渇いてしまいました。水をいただけませんか」

と言うと、娘は門を開き、用意した腰掛に座るよう促し、盃に水を汲んで持ってきた。そして小さな桃の木の斜めになった枝にもたれかかりたたずんだ。その目は護に対して思いを寄せるかのような気配が十分に見て取れた。娘のあでやかでなまめかしい姿はしなやかであふれるような美しさがあった。

 護は言葉をかけて気を引こうとしたが娘は応じることがなかった。二人はしばらくの間じっと見つめ合った。護がいとまごいをすると、娘は門まで見送り、募る思いに耐えかねるかのように家に入っていった。護も振り返りながらも帰途に就いた。その後、まったく再会することはなかった。

 翌年の清明節の日になり、このことを思い出した崔護は気持ちを抑えることができなくなった。すぐに彼女の家に赴いて門を叩いた。門や垣根は以前のままであったが、鍵がかかっていた。そこで、左の扉に次のような詩を書きつけた。

 

 それは去年の今日のこと、この門の中で

 貴女の笑顔と桃の花は照り映えて紅(あか)

 その笑顔はいまどこに行ってしまったのか

 桃の花は元のままに咲いている、春風の中

 

 数日後、護がたまたま都の南に至り、娘の家を訪ねるとその中から泣き声が聞こえてくる。そこで護は門を叩いて訳を尋ねた。老いた父親が出てきて言うには、

「あなた様は崔護様ではありませんか」

「その通りですが」

父親は泣きながら、

「あなたは私の娘を殺したのです」

と言うので、護は驚いてその意味がよく分からなかった。老いた父親は、

「私の娘は成人(15歳ほど)して書物も読めましたが、まだ誰にも嫁がずにいました。それが昨年以来、いつもぼんやりとして何かを失ってしまったかのようでした。最近、娘と出かけ帰宅するや、左の扉に字が書いてあるのを読みました。家に入ると病みつき、とうとう食を断つこと数日、ついに死んでしまったのです。私は老いぼれです。一人娘が嫁がなかった訳は立派な夫を求めて、私を託そうとしたのです。娘はいま不幸にも死んでしまいました。あなたが娘を殺したのではないなどといえるでしょうか。」

と言って、またとりわけ大声で泣くのだった。護もまた深く心を動かし、頼み込んで屋敷に入り、悲しみの涙を流すと、娘はいまだ整然として寝床に横たわっていた。護は彼女の首を抱き上げて自分の膝を枕にさせ、死者に呼び掛けるのだった。

「私はここにいるよ。私はここに来たのだよ」

しばらくして娘は目を開き、半日もすると蘇ったのだった。父親は大変喜んで娘を護に嫁がせたのである。

f:id:letswalk:20200812112840j:plain

桃の花

용한 배によるPixabayからの画像

 

振り返るとおそらく

 ここ最近のコロナウイルス騒ぎは大変深刻なものです。多くの人の幸せを奪っています。また大切な挑戦のチャンスが失われ、失望とあきらめの山を作り出しています。

 ただ、おそらく少なくとも数年後にはこの期間の我々の騒動が懐かしさとともに思い出されるときが来るののでしょう。ウイルスワクチンか特効薬が出来たあとの世界に行くことができればと思います。

 私たちはいまの世界しか生きられません。だからいつでも未来から今を振り返ることは想像の世界でしかできない。でも想像してみたい衝動は抑えられない。そんな種類の想像です。

 

今日は休憩

 朝の軽い散歩と少しだけジョギングを続けてきたのですが今日は休憩することにしました。朝の時点で27℃あり、今日はやめておいた方がいいと思ったからです。数年前までは意図的に炎暑の中を走ったこともありましたがもうその体力はありません。そして今は免疫力を落としてはいけないことを考えるとやめておくことにしました。

 明日もこのまま暑いならば、運動の量と質を変えてやることにします。とにかく今は暑すぎる。

教科書に載っている古典(6) 隗から始めよ

 敗戦した燕は太子の平を王位に即けた。これが昭王である。王は戦死者を弔い遺族のもとを慰問して回った。また、自らへりくだり、待遇を厚くして賢者を招聘した。

 ある日、家臣の郭隗に王は次のように言った。

 「斉は我が方が内乱を起こしたすきに来襲して燕を破った。私は今はこの燕が小国で反撃ができないことを痛感している。賢臣を得て国政を共に執り、先王の恥辱を雪ぐのが私の心からの願いなのだ。あなたはこの任にふさわしい人材をお知りか。私はその方を師として仰ぎ敬い、お仕えしたいと思うのだ」

 隗はこう答えた。

 「古の王に、家来に千金を託して一日に千里走るという名馬を探させた方がいらっしゃいました。家来は死んだ馬の骨を五百金で買って帰りました。王は怒りました。その時家来は答えたというのです。『死んだ馬でさえ高価で買い取ったわけですから、まして生きた馬ならどれほど高値で売れるものかと思う者がいるはずです。名馬はすぐに手に入れられることでしょう』と。果たして一年も経たぬ間に名馬は三頭も集まったのです。

 もし王様がどうしても立派な人材をお求めになられるというのならば、まずこの私、隗からお始めになられるとよろしい。この隗よりも賢い人材がどうして千里の道のりを遠いと考えてあなた様のもとに身を寄せに来ないはずはありますまい。」

 そこで昭王は隗のために宮殿を改築し、彼を師として仰ぐことにした。その後、有能な人材は競って燕に集って来たのだった。

(『十八史略』)

暑さの盛り

 連日暑さが続いています。明日もまたこの暑さは継続するのだとか。しかし、よく考えればわずか数度上がっただけで不快になり、また数度下がっただけで別の不自由さが出てくる。私たちはつくづくせまい帯域で生活しているだと思うのです。この世界にあるさまざまな温度の中のわずかな範囲にしか生きられない。それが生物のはかなさだと考えています。

人妻

 万葉集に出てくる人妻という言葉の意味について再考しなくてはならないと考えています。人妻は現代では他人の配偶者という意味であり、恋愛の禁忌に当たるものです。しかし、万葉集の歌にそれが使われるときには、単に不倫を連想させる言葉として使われているのではなさそうです。当時の歌の文脈に照らして考えなくてはならない。そう考え始めました。