はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

技術の日本は守れるのか

 家電製品において日本の製品が低調な傾向にあると報じられています。昨年の震災や止まらない円高など日本企業には逆風が続いており、韓国や中国の技術の向上がそのシェアを確実に奪いつつあります。この傾向が続くならば、日本製のウリはますます減退します。
 消費者にとって安価で良質なものを買うのは自由であり、当然の権利です。ただ、安さを追求するあまり日本製品をおろそかにすれば、日本経済は衰退し結局自らの首を絞めるという現実を知る必要があります。
 グローバル化という言葉が多用されていますが、自分の生活が確保できないならば無意味です。

広告を非表示にする