はてなの毎日

日々の思いを、思うまま

閉塞感の時こそ冷静に

 既成政党がふがいなく何も変わらないという閉塞感が充満した昨今、大衆迎合的な政策を掲げる新政党が次々に登場しています。その政策の一つ一つはなかなか魅力的なものがあるのですが、それが総体として実現できるかというとどうもかなり甘い感じがする。しかも、なにか夢があるというよりは、反論のしにくい相手を敵視して自分をよく見せるというある意味伝統的な戦術で民意を掴もうとしているのがとても気になる動きがあります。
 こういう時こそ私たちは冷静に行動しなくてはなりません。民主主義は国民の意思で動くのが建前ですが、多くは情報不足で勉強不足の市民がいわば直感でリーダーを決める制度といえます。判断を見誤らないように、私たちはせめて幅広くさまざまな考え方を受け入れる能力が求められます。それができるでしょうか。
 国勢が停滞しているいまこそ、国民の判断力が問われると思います。

広告を非表示にする